想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

すぐに実践できる、子育て中の節約方法3つ!

f:id:seiz0913:20161129143503p:plain

 

 子育ては大変ですが、子供はかわいいし、充実した日々が送れます。

しかし、子育てはお金がかかります。

少しでも節約したいと、私が子育て中に実践した節約方法をご紹介します。  

 

財布を持たずに出かける

私の妻は財布を持たずに出かけることが多々あります。

 

睡眠時間が長い乳幼児は難しいですが、1歳過ぎた頃からお昼寝が1日に1回ほどになり、パワー全開です。

 

この時期までくると、家の中にずっといる訳にもいかなくなると思います。出かける時は、買い物目的でなければ財布はお家に置いていきましょう。


財布があれば、つい買ってしまうんですよね。


セール・特売品と書かれている商品をみると、つい。


でも財布さえなければ、いいんです。

 

 

子供がいることを周囲に伝える

今はデリケートなことなので、周囲に細心の注意を払いながらになりますが、自分にどれくらいの子供がいて、性別なども伝えていた方が、お下がりのチャンスが多くなります。


特に独身時代によく遊んでいた友人は、出産を機に疎遠になりがちです。


でも、お互い子持ちになることで悩みの相談もできるし、相手が子育ての先輩であれば使わなくなったおもちゃや、洋服などのお下がりをもらえるチャンスが増えます。


ベビーベッドなど赤ちゃん用で使うのはほんの数か月。


購入するにはお金がかかるのに、すぐに不要になりますよね。


こういった物を友人からレンタルできると、かなり節約になります。

 

私はいとこから譲ってもらうことが多かったですが、周りの友人には妊娠中から積極的にアピールしていました。

 

 

フリマアプリを利用する

これは産前からオススメしたいのですが、妊娠をキッカケにママのファッションもガラリと変えざるをえなくなります。


それは産後も一時は続きます。


特に母乳で育てるとなると、卒乳するまでは授乳しやすい服になるのでアイテムが制限されます。


靴もヒールが数足あればOK。


特に女性のファッションはトレンドがあるので、産後落ち着いて、いざ着ようとなると型落ちしていたり、時代に合っていなかったりします。


なので、まだニーズがある時にアプリで売ってしまいましょう!


子供の服も来年は着られません。


すぐに大きくなります。


なので、小さくて着られなくなった洋服も売ってしまいましょう!