想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯はいつ生えるの?歯磨きのポイントは? 初めての歯の疑問アレコレ

 誕生してから毎日ミルクを飲んで成長してきた赤ちゃん。

 

半年が経つ頃には離乳食が始まりますよね。

 

その成長スピードにはびっくりします。

 

そうすると、ミルクから大人と同じ食事が出来る様になるのももう間近です。

 

ということは歯の生える時期もすぐそこまできているんですね。

 

そこで、赤ちゃんの歯の生え始めやケアについて考えてみましょう。

 

赤ちゃんの歯の生え始めはいつ?


3ヶ月~10ヶ月くらいが 平均的です。

 

でも、生まれた時にすでに生えている子もいますし、1歳になって初めて最初の1本が生えてくる子もいるので、平均より早いから遅いからといって心配する事はありません。


また、同時にこの時期には色んな"困った"が起こりやすいです。

 

・あかちゃんのヨダレが急増する
スタイやガーゼタオルを活用してこまめに拭いてあげてください。

 

・ずっとおもちゃをかじったり何でも口にいれちゃう
おもちゃを清潔にし、飲み込む恐れのある小さいものを手の届かない所に置くようにしましょう。

 

・ぐずぐずとよくぐずり泣く
熱もなく、食欲も通常通りで眠っている間はぐずぐずしない様なら見守る。

遊びに誘って気をまぎらわせてあげるのもいいでしょう。

間違っても叱る事はしないように。

これも、歯が生え始めてきた時期のサインです。

 

どれも、口の中がむずむず気持ち悪いためおこるので過剰に心配をしなくても大丈夫です。

 

歯磨きはいつから必要?


歯が1本でも生えたら虫歯になる可能性がありますよね。

 

そこでママは心配になりますが、まだ、離乳食を始めていない母乳のみの時期の場合、特に歯磨きは必要ありません。

 

でも、糖分が歯にくっつく事で虫歯になるので糖分入りの粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは必要です。

 

また、離乳食を始めたら歯が生え始めていなくても口の中のケアに気を付け始めたいですね。

 

トロトロお粥や野菜スープなどがいつまでも口の中に残っていないように最後は白湯をのませたり、こまめに麦茶などを口にふくませたいですね。

 

とはいっても、通常口の中は唾液で満たされているため、菌が繁殖しにくくなっています。

 

赤ちゃんの状態をみて、上手にケアしてあげてください。

 

歯磨きの仕方とポイント


赤ちゃんの歯は大体前の下の歯から生え始めます。

 

ニコッと笑えばかわいい歯が顔を出しているのが見えて、可愛さがより一層増します。愛嬌のある顔が見られるのもこの時期限定ですね。

 

そんな大切な歯を守る歯磨き方法ですが、まず始めはお口の中に食べ物じゃない何かが入ってくる事に慣れさせます。

 

まずは歯ブラシは使わずに指にガーゼを巻き付けて歯に触れます。

 

前歯2本位しか生えていないので、簡単に出来ます。

 

そして出来るだけ短時間でさっと拭き取るだけでOKです。

 

しばらくして慣れたら歯ブラシを使います。

 

おもちゃ感覚でニギニギさせてみたり、好きなキャラクターのものを使ったりして歯ブラシは嫌なものじゃない思いを持たせると抵抗なく、歯磨きの習慣がつきやすいです。

 

これで、奥歯が生えてきても歯磨きしやすいです。綺麗な歯を守りたいですね。

 

 

 

 

赤ちゃんは自分で歯を磨く事ができません。

 

大人の私たちがしっかりケアをしてあげなければ大事な歯を守れないでしょう。

 

ママも赤ちゃんも初めての歯磨きにドキドキしたり戸惑ったり大変かもしれませんが、それも成長の証です。

 

大きなステップアップと感じて楽しみながら歯磨きに取り組んでほしいです。

 

次の生え変わり時期のステップアップまで、健康で綺麗な歯を守ってくださいね。

 

 

 

 

レノビーゴは娘に使っているオススメ商品の一つです。

フッ素でむし歯予防を行うには、レノビーゴ 38mlは手軽で効果的な予防方法です。
むし歯予防を効果的に進めるためには、歯磨き(ブラッシング)だけの予防法では、限界があると言われています。
歯質そのものを強くするフッ化物(フッ素)の活用が大事であり、むし歯予防に大きな効果を上げています。
ご家庭で手軽に継続して使う事で、むし歯予防に大きな効果のあるレノビーゴがオススメです!