想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

妊娠中の飲酒と喫煙はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても良いとこ無し

f:id:seiz0913:20161201130532j:plain

 

妊娠中のお母さんに対しては「飲酒・喫煙を控えなさい」とよく注意されますよね。

なんとなく妊娠したらどっちも体に悪いから控えるように言われるのはわかるけれど、具体的にどんな事が悪いのかと聞かて答える事が出来ますか?
お母さんと赤ちゃんにとって、飲酒と喫煙がどんな影響を与えるのか、しっかり把握しておきましょう。

 

息苦しいと感じているのはお腹の赤ちゃんも同じです

 女性は生理が始まった時点で、妊娠しても可能な、成熟した大人の女性の体になったという目安になりますね。しかしながら、女性しか成し得ない妊娠や出産に関して、日常生活でどんな事に気を付けておかなければいけないかという事については、あまり学ぶ機会が多くないまま大人になってしまう人も多いと思います。

妊娠中にやめておいた方が良い事として真っ先に喫煙と飲酒が挙げられます。
妊娠中に喫煙をすると、妊婦さんの血管は収縮してしまい、血流も悪くなってしまいます。そのような状態では胎児に十分な酸素を上手く届ける事が出来なくなり、お腹の中の赤ちゃんは酸欠状態となってしまうのです。
大人でも、非喫煙者にとって喫煙者の煙草の煙いわゆる副流煙というのはとても息苦しく不快なものですよね。発がん性物質も含まれている為に、将来のお母さんと赤ちゃんの健康にとっても不安が残ります。煙草は依存性がある為に、やめようと思っても簡単にすぐやめられるものではありません。
妊娠を考え始めたら、なるべく早く禁煙するように心がけましょう。

 

お腹の中で赤ちゃんは酔っ払ってしまいます

 妊娠中に及ぼす喫煙の影響と同じく、飲酒もやめておいた方が良いとされていますね。

つわりをきっかけにお酒が美味しく感じられなくなったという妊婦さんもいらっしゃいますが、つわりがおさまる頃までには、きっぱりと飲酒の習慣はやめておくのが賢明です。
もちろん、喫煙と同様に妊娠出産を望むなら早い段階で断酒する方が赤ちゃんの為でありお母さんの為でもありますよ。
妊娠中にお母さんがお酒を飲むと、お腹の中の赤ちゃんはそのお酒に含まれるアルコール(エタノール)やアルコールを分解する際に生じるアセトアルデヒドという成分を取り込んでしまいます。
その結果、赤ちゃんの成長障害、奇形や死産といった怖い影響を及ぼす原因にもなるのです。それらの症状は「胎児性アルコール症候群」と呼ばれていて、妊娠中の飲酒をやめるということだけでそのリスクを回避する事が出来るんですよ。
ほんの少しのお酒でも、赤ちゃんにとっては害になります。
大人と子供ではアルコールを分解する時間にかなりの差がありますが、お腹の赤ちゃんであればなおさらです。お腹の中で赤ちゃんを酔っ払い状態にしないためにも、妊娠中の飲酒は控えておきましょうね。

 

おわりに

食後に煙草を吸う習慣があるという妊婦さんや、ご主人との晩酌を毎日楽しみにしているといった妊婦さんもきっと多いでしょう。けれども、お腹の中に赤ちゃんがいるという事は近い将来あなたはお母さんになるのです。お腹の赤ちゃんが将来健康で、元気に成長してくれることを第一に考えて、可能な限り早い段階で禁煙・断酒できるように、少しずつ努力していきましょう。