想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

産院選びはどんな出産をしたいかで決める

 

f:id:seiz0913:20161206111141p:plain

 

産院を選ぶ際には、どこがいいかいろいろ迷います。人間は一生のうちで出産できる回数は限られてます。できるだけいい出産がしたいと誰もが思うはずです。病院によっては、最初の診察で出産の予約を入れる病院もあります。どこの病院で健診を受けるかが重要になります。

 

 

健診と出産はスタッフは一緒?

産院の大きさによって、出産の時間帯によって、スタッフは大きく違ってきます。大きな産院では、患者数が多いので、先生の数も看護師、助産師が複数名います。そのため、健診の先生が出産時の先生とは限りません。その時にいる先生になります。
出産は、何時なるかわかりません。しかし、陣痛が強くなるのは夜が多いために、当直の先生に当たる確率が高くなります。健診の先生はずっと同じ先生でも、出産だけ院長先生が出てくる病院もあります。また、健診時は外来の看護師さん、出産は入院の看護師さんや助産師さんに担当が変わるので、陣痛で苦しいときに初めてのスタッフに囲まれて緊張しながらの出産も珍しくありません。
小さな個人病院は、患者数や出産の数が少ないのですが、出産時は何時でも同じスタッフがそろいます。いつもお世話になっているスタッフに囲まれての出産で、落ち着いて出産できます。
大きな病院でも、夜の出産はスタッフの人数が限られています。出産時のスタッフの数は、人数的にはどこの病院でも変わりません。何か異常がある場合、出産時のみ緊急事態に備えてスタッフがたくさん集められます。

 

先生や病院の雰囲気が大切

産院を選ぶポイントは、先生との相性です。初めて産院を訪れたときに、この先生は話しやすいな、この先生なら出産まで頑張れそうだなど感じることが大切です。この先生は苦手だな、病院に行きたくないなと感じる様だったら、別の病院を探しましょう。産院は、探せばいろいろあります。少し距離があっても、先生との相性は大切です。
家からどれくらいの距離までなら通えるか、その範囲内で産院を検討します。健診は、出産前は1週間ごとに通います。車を運転するのか、電車やバスを使うのか、誰かに連れて行ってもらうのか、タクシーでどれくらいの時間がかかるのか考えておきます。
産院によって、出産後の赤ちゃんの育て方が違います。ミルク中心、最初から母子同室で母乳中心、ミルクを使いながらゆっくりと母乳育児をすすめるなど、考え方が違います。事前に問い合わせて、したい子育てができる産院を見つける方法もあります。

 


産院によって、いろいろ違うことがあります。自分に合った産院を見つけるポイントは、実際に行ってみることです。先生と話をして、産院を見学し、健診を受ける病院を探します。食事はどこもおいしいです。優しいオルゴールの音が流れて、気持ち良く過ごせます。先生の雰囲気がいい病院は、スタッフも穏やかです。