想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

有酸素運動で効果的に脂肪燃焼!

 「有酸素運動って聞いたことあるけど、どんなもの?」「脂肪を燃やすのに本当に効果的なの?」そんな疑問を持っている方も多いかと思います。

確かに有酸素運動が何で脂肪燃焼に効果があるのか、筋トレとどう違うのか、ということは難しいですよね。

 

そこで、そもそも脂肪を燃やすとはどういうことなのか、有酸素運動にはどんなものがあるのか、といったことについて書いていきたいと思います。

 

なんで有酸素運動なの?

みなさんダイエットのためにいろいろなことを試みるかと思います。

 

筋トレをしたり、食事制限をしてみたり、サプリメントを使ってみたり……。

 

ですが、脂肪燃焼におすすめなのはなんといっても有酸素運動です!


ではなぜ有酸素運動なのでしょうか?

 

それには、そもそも脂肪とは何ぞや、ということについて知らなければなりません。

 

ヒトの体内にある脂肪というものはいくつかの種類の「脂肪酸」というものから成っています。

 

この脂肪酸は、簡単に言えば、炭素原子がたくさん繋がったかたちをしています。

 

一方で、同じくエネルギー源として使われる糖分は脂肪と比べて炭素原子の数は多くありません。


脂肪にしろ糖分にしろ、エネルギーとして使われる際には酸素と結びついて、水と二酸化炭素に分解されます。

 

この時に、炭素原子と酸素がくっついて二酸化炭素が生まれるわけですが、脂肪は糖分に比べて炭素の数が多いのです。

 

つまり、より多くの酸素を必要としてしまうのです!

なので、筋トレに代表されるような無酸素運動では糖分が優先的に使われてしまい、脂肪の燃焼は起きづらくなってしまいます(代わりに筋肉がつくので、基礎代謝は上がりやすいです)。


ちょっと難しくなってしまいましたが、つまりは脂肪を燃やすにはより多くの酸素があった方がいい!ということですね。

 

具体的な有酸素運動は?

では、具体的に、有酸素運動はどんなものがあるのでしょうか?


代表的な有酸素運動といえばジョギングやウォーキングです。

 

それも、息切れするようなスピードを出すものではなく、軽く息が上がって体が温まる程度の運動で十分です(あまり全力でやりすぎると今度は無酸素運動になってしまいます)。

 

特別な道具や場所も必要ないので、一番手近でやりやすい有酸素運動ではないでしょうか。


他には、スイミングでも有酸素運動ができますね。

 

これもジョギングやウォーキングと同様に、競技のように全力で泳ぐのではなく、ゆったりと楽しみながら泳ぐことが大切です。

 

泳げない方は、プールの中をゆっくり歩いたりちょっと漂ってみたり、それだけでも十分に効果があると思います。

 

水の中というのは、それだけで全身に大きな負担がかかりますので、少しの運動でも大きな効果を得ることができます。


 他にもサイクリングやエクササイズ(エアロビクスやヨガなど)等々、いろいろなタイプの有酸素運動がありますが、そのどれでも大事なのが、「しっかり呼吸をする」ということです。

 

呼吸を止めて力を込めて……ということをしてしまうと、無酸素運動になってしまって脂肪の燃焼という意味ではあまり効果がなくなってしまいます。

 

自分の呼吸を感じながら動くことが大切ですね。

 

 

 

脂肪はなかなか燃えにくく、憎むべき(本当は体に大切なものではあるのですが…汗)大敵です。

 

ですが、無理な食事制限や過度の筋トレは体を壊す原因にもなってしまいます。

 

やっぱり健康的にダイエットできるのならばそれが一番です!

そんな時に有酸素運動は子心強い味方になってくれます!

しかも、過度な負担をかけすぎてはいけないということは、ゆっくりと楽しみながらの運動でいいということです。

 

いくら効果的でもつらくてはなかなか長続きもしませんし、楽しく続けられることは大切です。


みなさんも、有酸素運動で楽しく、そして気持ちよく脂肪を燃焼させましょう!