想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

二日酔いになったら運動やお風呂が効果的なのか!?

昨夜は飲み会で盛り上がり、楽しかったのに、ちょっと飲みすぎて次の日に二日酔いになって気分が悪い。なんて事はよくありますよね。

そんな気分が悪い状態を早く解消したい。でもちょっと待って下さい。

その二日酔い解消方法、本当に正しいですか?

 

 

 

運動やお風呂で二日酔い解消は効果あるの?

二日酔いの解消法として、よく運動や熱いお風呂に入って汗をかいてアルコールを抜くという方法を耳にしたことありませんか?
確かに残ったお酒を汗として出してしまえば身体がスッキリしそうですよね。
でもその解消法は実は逆効果なのです。
お酒を飲むと、トイレが近くなる経験はありませんか?
アルコールには利尿作用があり、飲んだお酒以上に水分が体外に排出されてしまいます。

 

そのため、飲酒後やその翌日は体内の水分が不足している状態となります。
そのような状態で運動や熱いお風呂に入って汗をかいてしまうと、脱水症状を起こしてしまいます。
この脱水症状が吐き気や頭痛の元となっており、体内の水分を更に減らす事により、二日酔いをより悪化させてしまっているのです。

 

また、体内のアルコール濃度が高い状態で水分を排出してしまう事により、元あった水分で薄まるはずのアルコール濃度が薄まらなくなるので、逆効果となるのです。
アルコールそのものや、アルコールが肝臓で分解された際に作られるアセトアルデヒドは、汗として排出されません。
排出したいと思っている物が排出されず、問題を解決するのに必要な物が排出されてしまう。
これでは解消どころか、かえって。自分の首を絞めてしまっていますね。

 

二日酔い解消に効果がある事は何?

汗をかく事が二日酔い解消の逆効果だったら、どうしたら解消できるの?

その最も効果的な方法は、飲酒によって少なくなった水分を補給してあげればよいのです。

 

水分補給には、脱水症状を緩和させるだけでなく、体内のアルコール濃度やアセトアルデヒドの濃度を薄める効果もあります。
普通の水でもいいのですが、二日酔いの効果を和らげる成分が入った飲み物を飲む事をおすすめします。

 

最も良いとさせているのが、100%の野菜や果物のジュースです。
トマトジュースはリコピンがアセトアルデヒドを抑え、クエン酸が荒れた胃を修復してくれる役割を持っているので、大変効果的です。
また、果物のジュースの中でも最も効果的なのがオレンジやグレープフルーツといった柑橘系のものです。

 

柑橘系の果物には果糖が多く、頭痛緩和の効果や、鈍くなった肝機能を活性化させ、アルコールの体外排出のサポートを行ってくれます。
正に脱水症状と低血糖を同時に解消してくれる、二日酔い解消の味方なのです。
それ以外にも、水分と糖分を兼ね備えているスポーツドリンクも、二日酔いに効果的です。

 

こちらは体内への吸収が早いのが特徴です。
もし吐き気がひどく、水分を取っても戻してしまいそうな時は、横になって安静にし、無理して飲まないようにして下さい。

 

 

 


お酒を飲んだ後は体内の水分が少なくなっております。
体内に残ったアルコールやアセトアルデヒドは汗と一緒に排出はされません。

 

この2点を抑えておけば、間違った二日酔い解消法を事前に防ぐ事が出来ます。
二日酔い対策で最も良い事は、二日酔いにならない事です。
お酒は楽しく、飲み過ぎないようにして下さい。