想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

放っておくと危険!?新生児黄疸に潜む危険な病気とは?

f:id:seiz0913:20170331163527j:plain

産後すぐの赤ちゃんは、全身に赤みを帯びていますが、次第に落ち着きます。

 

そして今度は、段々と肌や目が黄色っぽくなっていくのですが、これを『新生児黄疸』といいます。

 

新生児黄疸は、新生児に出る症状の一つで珍しことではありませんが、我が子のそのような様子を初めて見るお母さんにとっては、病気なのかと不安に感じてしまいますよね。

 

ここでは、新生児黄疸について、説明していきます。

 

新生児黄疸って何?黄色くなる原因は??

新生児黄疸とは、生後2~3日ほど経った赤ちゃんの肌や眼球が黄色っぽくなる症状で、生まれたばかりの赤ちゃんに多く見られます。

 

この黄疸は、通常1~2週間で落ち着くと言われています。

 

胎児の間は、羊水の中にいる赤ちゃんは、生まれてくると空気中の中で過ごさなければいけません。

 

それにより呼吸方法が変わる為、血中の内容も変更しなければならず、それによって体内でビリルビンという物質が増加ます。

 

ビリルビンは、体内で酸素を運ぶ赤血球から分解されてできる成分で、胎児の間多い傾向にある赤血球が、出生後血中の内容を変更されるに辺り、いらない赤血球が壊されるため、ビリルビンが増えるのです。

 

このビリルビンが黄色い色素を持っているので、まだまだ未熟な新生児の肝臓では、ビリルビンの処理が追いつかず、血液中のビリルビンの濃度が高まると、肌や粘膜が黄色く見えてしまう新生児黄疸が起こるのです。

 

新生児黄疸が起こると、肌や白目が黄色くなり、その後1~2週間かけて徐々に消えていきます。

 

これが新生児黄疸の特徴的な症状で、黄疸の9割がこの生理的黄疸が原因です。

 

しかし、この他にも母乳や病気が原因の黄疸が幾つかあります。

 

黄疸にはいくつ種類があるの?危険な黄疸は?

新生児黄疸の多くは、上でも書いたとおり生理的黄疸ですが、その他にも様々な原因により黄疸が現れることがあります。

 

中には注意が必要な黄疸もあるので、生理的黄疸以外の黄疸の種類について説明したいと思います。

 

母乳性黄疸

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、生後1ヶ月過ぎても黄疸の症状が残ることがあります。

これは、母乳に多く含まれている肝臓の酵素の働きを弱める女性ホルモンが原因で、それによりビリルビンの処理が遅れてしまい、黄疸の症状が長引いてしまうのです。

 

しかし母乳性黄疸は、生理性黄疸と同様自然に回復していきます。

 

新生児溶血性黄疸


新生児黄疸の中でも、少し注意しておきたのが、この新生児溶血性黄疸です。

 

これは、お母さんと赤ちゃんの血液型が違うことで起こる黄疸です。

 

お母さんと赤ちゃんの血液型が違うと、赤ちゃんの赤血球に対する抗体がお母さんの体で出来てしまい、赤ちゃんの赤血球が壊されることでビリルビンが過剰に増加してしまい、出生直後に強い黄疸が発生してしまうのです。

 

しかし、この場合的確な治療を受けることで、黄疸を治すことが出来ます。

 

また、Rh型不適合により黄疸が強く出てしまうこともあります。

 

お母さんの血液がRhマイナスで赤ちゃんがプラスの場合に起こる症状ですが、第1子を出産することで体内に抗体が作られ、それ以降の出産にはRh型不適合による強い黄疸が出てしまいます。

 

しかし、これは第1子出産後、すぐに交代ができないように治療しておくことで予防できます。

 

核黄疸

核黄疸は、ビリルビンが脳に蓄積される病気で、脳神経細胞に沈着し、脳性麻痺や聴覚障害を引き起こす可能性があります。

 

核黄疸は、発症してから数日は、ミルクや母乳を飲む量が減り、常に眠そうだったり手足がブラブラと動くなどの症状が現れます。

 

この初期段階で核黄疸に気づき治療に当たることが重要で、気付かず症状が悪化すると、発熱や痙攣などの症状が現れたり、脳性麻痺や難聴などの後遺症が残る場合があります。

 

このような症状が現れた時は、すぐに病院で受診しましょう。

 

 

閉鎖性黄疸

体外に排出する胆道が閉鎖れることで起こる黄疸を閉鎖性黄疸と言います。

 

この主な原因は『先天性胆道閉鎖症』と考えられています。

 

これは、肝臓と十二指腸を結ぶ胆道が閉鎖している病気のことで、肝硬変を引き起こす可能性があります。

 

黄疸が生後2週間を過ぎても消えず、便の色がクリーム色や灰白色に変化したり、

尿がウーロン茶のような褐色になると注意が必要で、そのような症状が見られた時は、早めに病院で受信しましょう。

 

 


多くの赤ちゃんに見られる新生児黄疸ですが、ほどんどの赤ちゃんは自然に消滅することがわかりました。

 

しかし、多くの赤ちゃんに見られる症状だからと油断して放おって置くと、別の病気を見逃してしまう可能性もあります。

 

早期発見で適切な治療を受けることで、病気を治すことが可能です。

 

赤ちゃんが元気なく具合を悪そうにしていたり、白っぽい便や褐色の尿をした場合は、何らかの病気が関係した黄疸である可能性があるので、その場合はすぐに医療機関で受診してもらいましょう。