想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

乳幼児の歯磨きでの事故の危険性と注意するポイントとは

f:id:seiz0913:20170418180544j:plain

 

赤ちゃんの成長は1つ1つ嬉しいことですよね。


歯が生えてくるのもうれしい成長ですが、歯が生えてくると気を付けなければいけないのは虫歯です。

 
皆さんはどのように歯磨きをしていますか?
知らないうちに危険な磨き方をしてませんか?


大切な子供が怪我をしないよう、危険なことがないように気を付けることはどんなことかお伝えします。


事故の危険性について

歯ブラシは口の中で使うものであり、細く、長いため転んでしまうととても危険です。


歩きながら歯磨きをしていたり、兄弟で遊びながらしていると危険性は増します。
そして、年齢別にみると1歳児の怪我が最も多いです。


この理由は、歩く足取りもしっかりしていない中、立って歯磨きをしていたり、座っていても歯ブラシが危険だと知らない子供は玩具の1つとして使ってしまいます。


また 口に入れたまま遊び始めてしまうからです。


しかし1歳の子供に歯ブラシが危険だと伝えたところで理解はできませんよね?では、歯ブラシが原因の怪我は具体的にどのように危険なのでしょうか。


歯ブラシを加えたまま転び、口の中を怪我し流血するというくらいの知識しかない方が多いです。


しかし、歯が生えているということはぶつけ方・転び方によっては、歯がグラグラになってしまったり、陥没したり、神経を傷つけてしまうこともあります。


このように聞くと怖く感じませんか?「乳歯は生え変わるから大丈夫」と思わないでください。


怪我の衝撃により永久歯の歯並びにまで影響することもあると言われています。

歯だけではなく、強い衝撃があると喉に深く刺さることも…場合によっては生命の危機にもなりかねません。


歯みがきは毎日するため、危険な事・物だと感じにくいですが、上記のようなことをしっかりと把握し、歯磨きを行うことが大切です。


保護者が注意するポイント

では、怪我を防ぐにはどんなことをきをつければいいのでしょうか?

1、歯磨きの時間を決め、短時間で終わらせる

子供の集中力というのは大人が思っているよりもずっと短いです。
そのため、歯磨きの時間が長くなればなるほど、遊びたくなってしまったり、歯磨きがつまらないものだと感じてしまうのです。


歯を綺麗にすることは大切ですが、毎日何回も行う歯磨きを嫌な時間にしないためにも時間を決めておくといいです。


また、小道具(好きなキャラクターのぬいぐるみなど)を使うことで集中するので、短時間で終わらすこともできますよ。

 


2、歯磨きをする場所をきめる。

例えば洗面台で行う。と決めた場合、子供は自然と「歯磨きの時間なんだ」と理解できるようになり、それが習慣として身についていきます。


そうすることによって、遊ぶことは少なくなります。


その時に親も一緒に歯磨きをしてみて下さい。
鏡に映っている自分と親を見ると、同じことをしている喜びを感じるようになります。


その中でお互いに「歯はきれいになったかな?」と確認しながらするのもポイントの一つです。

 


3、目を離さない

これはどのお母さん・お父さんも気を付けていることだと思います。
しかしそんな中なぜ事故が起きるのでしょうか?それは「少しだけ」という気持ちで目を離してしますからです。


特に歯ブラシでの怪我の多い1歳~2歳というのは何をし始めるかわかりませんし、怪我や事故は一瞬で起きてしまいます。
絶対に目を離してはいけません。


これは基本的な事ですが、やることのたくさんあるお母さんにとっては1番難しいことかもしれません。

 

 

www.omoi-katatini.com

 


どうですか?歯磨きは思っていたよりも危険な怪我に繋がるものだと感じましたよね。


可愛い子供が怪我をして泣く姿は見たくありませんし、その怪我が親の不注意で起きたものだとしたらとても後悔しますよね。


そうならないためにも、歯磨きの時間が楽しくなるためにも、少しの時間ちょっとした工夫で防げる怪我をなくしましょう。