想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

【赤ちゃんの夏の過ごし方】クーラーの使い方や快適な室温は?布団やパジャマの調整について

 

f:id:seiz0913:20170615182428j:plain

 初めて夏を迎える赤ちゃん
「何に気をつけて、どう過ごさせればいいの?」と思うことはありませんか?
 
今回は、赤ちゃんの夏の過ごし方を快適にするために、クーラーをどう使えばよいか、快適な室温、布団やパジャマの調整について、まとめてみました。
 
一緒に確認していきましょう。
 

赤ちゃんの夏の過ごし方、気を付けたいこと2つ

 

熱中症になりやすい

赤ちゃんは、平均体温が36.5~37度と高く、暑がりで汗っかきです。
 
また、体温の調節が上手にでき、暑い夏は気温に合わせて体温も上がります
 
さらに大量の汗をかき、脱水症状を起こすため、熱中症にかかりやすくなります
 
 

あせもによる皮膚炎をおこしやすい。

赤ちゃんは汗っかきです。
 
暑い夏、汗をそのままにしておくと、体中にあせもができやすくなります。
 
あせもは痒いので、いつの間にか爪でひっかいて悪化し、「とびひ」という皮膚炎をおこしやすくなります。
 
どちらも夏の暑さが原因で起こります。
 
赤ちゃんの夏の過ごし方を快適にするには、水分補給を行い、汗をかかせ過ぎないように、適切な温度の管理が必要なのです。
 
 

赤ちゃんが過ごしやすい室温は? クーラーをどう使えばいいの?

 
最近、気温が高い日が増え、室内温度も上昇してきています。
 
こんな時は、熱中症になる危険性が高くなります。
赤ちゃんの健康を考えてクーラーをつけましょう。
 
赤ちゃんが快適に過ごせる室内温度は25~27度です。
 
クーラーを使う時は、赤ちゃんの様子を見ながら、温度調節を行い、冷たい風が当たらないよう注意しましょう。
 
でも、「クーラーは体が冷えすぎて赤ちゃんが風邪をひくのでは?」と心配に思うこともありますよね
 
そんな時は、一度冷房で室温を下げた後、除湿に切り替えることをオススメします。
 
蒸し暑く、肌がべたつき寝苦しい日は、湿度が75~80%もあります。
 
赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は、40~60%です。湿度が減ると、気温が少し高めでも、肌がさらさらして快適に過ごすことができますよ。
 
 

布団やパジャマの調整はどうすればいいの?

 
赤ちゃんが快適に眠るためには、暑さに備えて布団やパジャマの調整が必要になります。
 
赤ちゃんはとても暑がりなので、掛布団は、軽くて通気性の良いバスタオル、もしくはタオルケット1枚を赤ちゃんのお腹にかけるだけで大丈夫です。
 
手や足を布団から出してあげると、体の熱が放出されるので快適です。
 
寝返りをする赤ちゃんは、タオル地でできたスリーパーを着せてあげると布団が脱げてお腹を冷やす心配がなくなります。
 
スリーパーは、お腹と背中を覆い暑く感じるので、衣類は肌着だけなど、薄着にさせてあげましょう。
 
 
赤ちゃんは、お腹を冷やすと夏風邪をひきます。
夏のパジャマは、薄手で通気性が良く、腹巻がついた物やお腹が出ないつなぎ型のロンパースがオススメです。
 
また、パジャマを着せる時、背中に薄手のタオルを挟むととても便利。
寝汗をかいた時に、背中のタオルを取るだけで、着替えの交換がいらなくなりますよ。
 
 
 
 
いかがでしょうか?
 
赤ちゃんの夏の過ごし方を快適にするためには、室内温度の調整が大切なことが分かりました。
 
暑い中、子育てや家事でママも疲れていると思います。
 
室内温度を適切に保ち、赤ちゃんと一緒にママもゆっくりと身体を休める環境を作りましょう。