想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

子供の三大夏風邪とは?感染経路と症状、対処法など

f:id:seiz0913:20170708154501j:plain

夏に風邪をひくと「夏風邪?」と聞かれることが良くあると思います。
単純に夏に風邪を引いたから「夏風邪」と思っていませんか?

夏風邪は治りにくい、キツイ、というどこから得たのかわからない情報だけで今まで生きてきました。
夏風邪と言うのは正確に言うと、「夏にかかりやすい風邪のような症状」なのです。

子供を中心にかかりやすい三大夏風邪、と呼ばれるものがあります。
毎年7月、8月に流行のピークを迎える
手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱(咽頭結膜熱)です。

感染経路と症状について

それぞれの感染経路と症状については以下の様になります。

 

 

【 手足口病】

 

感染経路: 

せき、くしゃみなどのほか、発疹や水ぶくれの内容物や便のなかのウイルスが、口や鼻に入ったときなどに感染


症状:

手のひら、足の裏、口の中などに発疹ができる、しばしば発熱
※腹部などに発疹は出ない。口内の発疹が痛むことも。


経過など:

通常は、数日のうちに自然治癒する
※1週間程度で発疹も消えるが、高熱、おう吐、頭痛の症状が出たら、医療機関で受診

 

 

【ヘルパンギーナ】


感染経路:

せき、くしゃみなどのほか、発疹や水ぶくれの内容物や便のなかのウイルスが、口や鼻に入ったときなどに感染


症状:

38℃以上の高熱、口の中に水ぶくれができる、のどや口内の痛み


経過など:

高熱が2~3日間続くことがあるが、1週間程度で自然治癒する

 

 

【プール熱】


感染経路:

プールでかかることが多いとされ、せき、くしゃみなどのほか、目の粘膜からも感染


症状:

38℃以上の高熱、のどの痛み、結膜炎(目の充血、目やに)、下痢、腹痛を伴うことも


経過など:高熱が5日間ほど続くことがあるが、1週間程度で症状は治まる

 

 

「風邪だと思ってたら大変なことに…」とならないためにも、夏風邪には注意が必要です。


三大夏風邪は予防接種や特効薬がありません。
そのため、予防法としてはこまめな手洗い・うがいが重要になってきます。

 

・どのくらいの子供がかかりやすいの?
・かかってしまったら学校・幼稚園(保育園)行ったらダメなの?
・かかってしまったらどうしたら良いの?

 
という疑問もあると思いますが、各病気に対しての対応は以下の様になります。

 

【手足口病】
患者内訳 :約9割が5歳以下
登校、登園:学校、保育所、幼稚園などでの登校・登園停止の対象にはなっていない
対処法  :口内炎がひどいと痛みで食事を嫌がるので、口当たりのいいおかゆやスープ、プリンやゼリーなどを食べさせる。脱水症状を起こす危険もあるので、水分補給に注意。

 

【ヘルパンギーナ】
患者内訳 :未就学児が中心
登校、登園:学校、保育所、幼稚園などでの登校・登園停止の対象にはなっていない
対処法  :熱とのどの痛みで食欲が落ちるのでのど越しのいいものを少しずつ食べさせる。発熱中はこまめな水分補給を忘れずに、部屋を涼しくしておく。

 

【プール熱】
患者内訳 :約6割が5歳以下
登校、登園:学校保健法では症状がなくなったのち、2日を経過するまでは出席停止とされている
対処法  :十分に水分をとり、涼しい部屋で安静にする。高熱が出るので、医師の診断の元必要に応じて解熱剤を使用することがある。目やにが出て結膜炎がひどい場合は眼科を受診。

 

 

稀に大人にも感染することがあります。

感染が発覚したら子供はもちろん、ママ・パパも帰宅後、食事前などこ流水とせっけんで手洗いとうがいをすることを心掛けてください。

 

★☆オススメ記事☆★