想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

ママに必要なのは“ちょっとした”息抜き!パパに知っていて欲しいママの気持ち

 

f:id:seiz0913:20170812182518j:plain

子どもが生まれてから、ママは育児に家事に大忙しで自由に使える時間なんてほぼありません。
もちろん子どものことはかわいいし、ママだっていつもニコニコ子育てしたいけど、そんなの無理。
気持ちに余裕がなくなると、ついイライラしてしまう。
そして、その後ちょっぴり自己嫌悪に。

 
そんなとき、ママに必要なのは“ちょっとした”息抜きです。
息抜きっていうとパパは“デート”や“旅行”など大げさに考えてしまいがちです。


でも、そんなに多くの時間や計画は必要ないんです。
短時間でもいいから、ママに1人の休息時間をプレゼントしましょう。


世の中のママって、パパに気を遣っている人も結構多いんです。
「パパも疲れているんだろうな…」という思いから、「手伝って」の一言を遠慮していたりするんですよ。


そんなとき、パパが自ら少しでも家事や育児に参加してくれると、ママはその間に“ちょっと”リフレッシュができます。
実際、ママが望む“ちょっとした”息抜きには、どんなものがあるのでしょうか?


カフェで1杯のコーヒーを

ママになると、1杯のコーヒーを1人でゆっくりと飲む時間さえ、意外とないものなんです。
せっかく温かいコーヒーを入れたのに、赤ちゃんが泣き出したり、グズッたり「おむつ変えしなくちゃー!」「授乳しなくちゃー!」とやっているうちに、気が付いたらコーヒーが冷めちゃってる…なんてことも日常茶飯事。

赤ちゃんがご機嫌だとしても、家にいるとつい残った家事が目に入り、自分のことは後回しで掃除機をかけたり、洗濯物をたたんだり…。結局は気が休まりません。

『ちょっと』だけでいいんです。
パパがお休みの日でも、家族でお出かけをしたついででも、ママが1人でカフェに居られる時間を用意してあげてください。
たった1杯のコーヒーでも、外で気ままに飲めることがポイントです。

 

30分のウィンドーショッピングを

育児中のママは、動きやすい服装や汚れてもいい洋服を選びがちです。
でも、オシャレを捨てたわけではありません! ママになってもオシャレでいたい! という思いは、もちろんあります。
本当は行きたいお店だってたくさんあるんです。

でもママが行きたいお店は、ベビーカーがあると入りづらいお店や、子連れだと気兼ねしてしまうお店も多くて、正直諦めモードになります。
子どもが2人以上いるママは、1人で子どもを連れて移動するだけでも億劫で、お出かけを我慢している場合もあります。

そんなときの救世主がパパです。たまには家族でショピングに出かけて、途中30分だけでもいいからママに1人の自由時間を楽しんでもらいましょう! ママとしてではなく、女性としてショッピングを満喫することで、かなり気晴らしになります。

 

たまには1人きりのバスタイムを

パパに手伝って欲しい育児で、常に上位にくるのが、子どもとのお風呂です。
1日の疲れを癒すはずのお風呂が、ママにとってはかなりの重労働なんです。
子どもを洗って、拭いて、着替えさせて…。
自分はゆっくり入るどころか、その間に体が冷えてしまうことだってあります。

湯船に浸かる気持ち良さや、疲労回復の効果は、パパも知ってますよね。
毎日小さな怪獣と戦っているママに、たまには自由気ままな入浴時間を用意してあげましょう。
ママが入浴している最中に「ねぇ! まだ出ないの?」「全然泣き止まないよー! おっぱいの時間じゃないの?」なんて、ママを急かすのはナンセンスですよ。

 

 

www.omoi-katatini.com

 


ママになると、子どもが産まれる前まで当たり前にできていたことが、なかなかできません。
そんなかつての日常を“ちょっと”体験するだけでも、ママの気分は大きく変わります。
ママが最近イライラしてるな。
疲れていそうだな。
と思ったときは、ぜひ『ちょっと』した息抜きの時間をプレゼントしてあげてくださいね。