想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

どう違うの??「マタニティーブルー」と「産後うつ」について

f:id:seiz0913:20170907231209j:plain

 妊娠中の不安や気持ちの落ち込みを「マタニティーブルー」だと思っている方は案外多いのでは。


じつは「マタニティーブルー」とは、出産後に精神的に不安定になることを指します。


同じく出産後に発症すると言われるのが「産後うつ」です。


出産という嬉しいイベントに伴い、母親が抱えるこころの問題であるこのふたつ。


その違いや対処法などをご紹介していきます。

 

 

産後直後からはじまるのは「マタニティーブルー」

 

別名「the 3rd day blue」とも呼ばれるマタニティーブルー(Maternity Blue)。
軽い抑うつ症状が出産直後からみられ、3~5日目にピークを迎えます。
しかし、一週間から10日くらい経つと症状は自然と落ち着いてきます。

  

 

具体的な症状について

 

・涙もろくなる
・気分が不安定(落ち込みやすくなる、怒りっぽくなるなど)
・すぐ不安になる
・育児に限らず何事にも集中できない
・不眠・食欲がない・頭痛がする
                         など

 

 

 原因として挙げられる3つのこと

 

1.ホルモンバランス

妊娠・出産によって、女性のホルモンバランスは大きく変動します。


ホルモンバランスの変動は月経前後にもみられ、気分の変動を引き起こす要因の一つです。


月経前後、体調の変化や気持ちの不安定さを感じたことがある女性は多いのでは。

 

具体的には、妊娠中に徐々に増えたエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが、出産後に急激に減少することが知られています。


また、副腎から分泌されるコルチゾールというホルモンも出産後に急激に減少します。


これらのホルモンの急激な減少が、マタニティーブルーの一因になっていると考えられています。

 

2.「母親になる」という状況変化に対するストレス


出産を経験すると、「母親」の自覚や責任を現実的に感じるようになります。


嬉しい気持ちと同時に、ちゃんと子育てできるのか、母親の資格があるのか・・・
など、「母親になる」ことに不安を感じます。

 

特に、夫や家族との関係が希薄、社会的支援の欠如、若い年齢での出産などの場合は不安を強く感じやすいと言われています。

 

3.PMS(月経前症候群)の既往

 
もともとPMSの既往がある方は、女性ホルモンの変動で気分が不安定になりやすいと言えるでしょう。


そのため、同じような要因のマタニティーブルーを発症しやすいと考えられます。

 

対処法について

 

時間が経つことで、体の回復と同じく自然に良くなっていきます。
病院へ行く必要もなく、治療も必要ないでしょう。


自分ひとりで初めての育児を抱え込まないで、相談したり協力してもらいましょう。


例えば、出産で入院中の場合なら、母児同室のところであっても看護師に相談し、夜だけは赤ちゃんをお願いする方法もあります。

 

「不安に感じる気持ちは自然なもの」と捉えられるだけでも、気持ちは楽になるはずです。

 

 

産後うつ

「マタニティーブルー」が出産後すぐに現れる症状であることに対して、「産後うつ」は産後数週間経った後から発症します。
症状が続くのは数か月から長い人で1年から2年ともいわれています。

 

 特徴的な症状について

 

 ・気分が落ち込み悲しい気持ちになる
・みじめな気持ちになる
・笑うことができなくなった
・不眠や過眠


など、一般的なうつ病に見られる症状が産後にみられます。

それに加えて、「育児に対する悲観的な考え」が特徴と言われています。


例えば、
・赤ちゃんの発達や病気などを過度に心配する
・母親としての資格はあるか
・自分には赤ちゃんの世話ができない


など、必要以上に不安が強く、自分を責めたりしてしまいます。

 

また、そうした不安を周囲に理解してもらえないと感じ、孤立した気持ちが高まることでますます悲観的になってしまいます。

 

原因となるもの

 

マタニティーブルーと同様、産後のホルモンバランスの変化によるものです。
また、真面目な人やひとりで育児を抱え込んでいる人に多いようです。

 

対処法

 

「産後うつ」は治療が必要な「疾患」です。


出産後の軽い抑うつ症状であれば、「マタニティーブルー」の可能性が高いので少し様子を見てみましょう。


しかし、産後数週間~数カ月しても症状が改善しない場合は、病院を受診することをおすすめします。


時間をかけて適切な治療をすれば、必ず良い方向へ向かいます。

 

www.omoi-katatini.com

 

 マタニティーブルーは、約半数の産婦がかかるといわれています。
時間の経過とともに自然とに解消されていくものです。

 

産後うつは、産婦の10人に1人がかかるそうです。
きちんと治療をしないと完治は難しいです。


投薬やカウンセリングなど、治療方法もいろいろあります。
育児をしていく中で、母親としての不安がすっかり消えてしまうことはないでしょう。


それでも、自分のこころと向き合いきちんと治療を進めることは、子供のためにも自分自身のためにもなっていくはずです。

 

どちらのケースも、周囲の協力や、自ら助けを求めることはとても重要です。
この時期の母親は社会から取り残された孤立感におそわれます。


家族をはじめ周りの方は、とことん話をきいてあげてください。
たまには赤ちゃんを預かってもらい、気分転換の時間をとるのもおすすめです。


気持ちを抱え込まず話したり、助けてほしいときに周りに頼るのも、母親には必要なスキルです。


そうして少しずつ、お母さんになっていけばいいのです。