想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

妊娠中期(5ヶ月、6ヶ月、7ヶ月)のママの体調の変化とパパができるサポートとは

妊娠中期に入ると胎盤が完成し、赤ちゃんとママの体がしっかり結ばれ安定期に入ります。
この時期になると、つわりが落ち着いてくる方が多いのではないでしょうか?
また、少しづつお腹が大きくなり目立ってきます。
身体も心も徐々に安定してくる時期です。
妊娠中期のママの身体の変化とパパができるサポートを以下にまとめていきます。

 

 
妊娠中期 ママの身体の変化

妊娠中期とは、14週〜28週までのことを言います。
では実際にママの身体はどのように変化しているのでしょうか?

☆貧血になりやすい
妊娠中に注意が必要なことの一つに貧血があります。
妊娠中の貧血は、全妊婦の約20%程に貧血が発症するといわれています。
そもそも女性は男性に比べ貧血になりやすくなっていますが、妊娠するとその傾向がさらに高まります。
中でも特に多い時期が、妊娠中期です。
正しく対処しなければ、おなかの子どもに影響を及ぼすこともあります。


妊娠中の貧血の症状
頭痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、動悸、息切れ、不眠、体の倦怠感、疲れやすい、顔色が悪いなどの症状が挙げられます。
通常の貧血と同様で体全体に現れる症状が多く、急激にではなく徐々に進行します。
また、症状が出る前でも、肌が荒れる、口内炎ができる、爪が割れやすくなる、髪の毛が抜けやすくなる、食べものが飲み込みにくい、食べものの好みが変わる、などが兆候として現れます。こうした自覚症状が出た場合は注意しましょう。
軽視することなく少しでもおかしいかな?と思ったらすぐに相談をする事が大切です。


乳房が大きくなってくる

妊娠中期になるとお腹が大きくなるなど外見の変化がみられます。
また、ママの体の中では出産の育児、出産後の授乳への準備に向けて、ホルモンが活発に活動を開始します。
妊娠16週ころからエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響を受けて、乳腺が発達してきます。
乳腺は母乳を作る場所でもあり、乳房も一段と大きくなります。
この時期に乳房を締めつけると乳腺の発達に影響することもあるため、マタニティ用の下着を用意することをオススメします。

 

便秘や痔になりやすくなる

原因は以下の理由が考えられます。
①腸を圧迫される
妊娠中期は子宮が大きくなることで胃・大腸を圧迫してしまい、便が通りにくくなることが原因で便秘になる場合があります。また、腸が圧迫されることで腸内のぜん動運動が弱まることや、腸内の血流が悪くなることが原因で便秘になる場合もあります。

②食生活
妊娠中期になると、つわりが落ち着き、栄養を蓄えようと食欲が旺盛になりがちです。
体重が急激に増えて、驚く方も多いのではないでしょうか。
母体は胎児を守るため、皮下脂肪がつきやすくなります。
妊娠中に産婦人科で体重管理の指導・アドバイスを受けることをオススメします。
妊娠中はただでさえ太りやすい状態であるのにカロリーを過剰に摂取してしまい、急激に体重が増える結果を招きます。

また、子宮内に羊水を貯め込もうとする働きから、体内の水分量が減る、初期のつわりで十分に水分や食事が摂れなかったときに、便の原料が不足して便秘グセがついてしまった、なども妊娠中期の便秘の原因となります。


③運動不足
妊娠中期は安定期と言われるのですが、激しい運動をする人はあまりいないと思います。
お腹に力を入れる筋トレや、転倒や衝突する恐れがあるスポーツなどは、流産などの原因になる場合がありますので禁物です。
また、お腹が大きくなり始めるといつも通りに動くことができず、動くのが面倒に感じることもあります。
このようなことから、身体を動かすことが少なくなり、運動不足になる妊婦さんも多いと思います。

 

妊娠線ができやすくなる

妊娠線とは、皮下脂肪が増えるのにともない、表面の皮膚が急に引き伸ばされてできた皮膚の断裂のことです。
お腹以外の乳房や太ももにできることもあります。
妊娠線は予防が大切になります。
一度できてしまうと完全には消えないので、皮膚が伸びやすくなるように予防クリームをつけて丁寧にマッサージするなど、妊娠線ができないようにケアをしましょう。
クリームで予防を図る以外にも急激な体重増加にも注意が必要になります。
皮膚が乾燥してできやすくなるため保湿効果のある予防クリームをオススメします。

 

 

妊娠中期のママのために、パパができること!

赤ちゃんとのスキンシップ

胎動を感じられるようになるのが、妊娠中期の頃です。
個人胎動には個人差がありますが、妊娠16週ごろより初めての胎動を感じます。
胎動は本当に愛おしく幸せを感じる気持ちになるのではないでしょうか。
最初は微弱なもので、お腹に手を当てても分かりにくいです。
毎日触れているうちに成長とともに、パパでも胎動をしっかりと感じられる
ので、パパは毎日お腹に手を当ててみて下さい。

 


ママとの思い出作り

赤ちゃんが生まれてからは、育児に追われ2人だけでゆっくり過ごすことは難しくなります。
妊娠経過が順調なら、今のうちに2人きりで最後の旅行計画を立てるのもよいでしょう。
パパが率先して計画を立て、当日はママの体調の様子を伺いながらの余裕のあるスケジュールを立てて下さい。

 

 



妊娠中期は妊娠初期や後期に比べて、ママ・赤ちゃん両方が安定している期間です。妊娠後期に入ると、お腹がさらに大きくなり、ママはいろいろ行動に制限が出てきます。
今のうちに少しずつ、出産準備をしていきましょう。
胎動も少しずつお腹の上からでもわかるようになっていきます。
赤ちゃんの聴覚も発達してくるので、お腹に触れながら話しかけてみて下さい。お腹を蹴って返事をしてくれるかもしれません。