想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

赤ちゃんの平熱は何度くらい?どうやって検温すれば良いの?

小さくてかわいい赤ちゃん。
赤ちゃんの体温を調節するには、パパやママが服を脱がせたりエアコンを付けるなど、こまめに赤ちゃんの環境を気にして対応をする必要があります。
具体的にはどのようなことをすれば良いのか、一緒に考えていきましょう。

 

 赤ちゃんの平熱と、受診の目安は?

赤ちゃんの平熱は何度なのでしょうか。または何度以上になれば診察を受けるべきなのでしょうか。
基本的な体温は、36.5~37.5度の範囲内になります。赤ちゃんの体温は大人よりも高めです。

 

また、お子様によっても平熱には差がありますので、あらかじめご自身のお子様の平熱が何度なのかしっかり覚えておくことが大事です。
そのためには、毎朝の起床と同時に検温することを習慣づけましょう。すると、少し熱があるかもしれない、などの異常も察知することができます。

もし、平熱の範囲内より高い数値を記録してしまっても、急いで病院へ駆け込まなくても平気です。
少しだけ平熱よりも高い数値であれば、着ている服を脱がせ、水分をきちんと与えてから30分程度、様子を見守ってください。その後、再度検温しましょう。

 

なぜなら、赤ちゃんに対する服の着せすぎで体温が高くなってしまっている場合も多々あるためです。自分自身で体温を調節できないので、周囲の環境の影響を直で受けてしまうのです。

しかし服を脱がせて経過を観察してもその後の体温に変化がなかったり、あるいはさらに高くなってしまった場合は、発熱している可能性があります。環境が原因ではないので早期に受診してください。

そして医師に診てもらうまでは水分補給をしっかり行ってください。特に、首もとの後ろや、わきの下を冷やすと解熱作用が期待できます。

 

もし手足を触ってみて冷たさを感じたら、今後熱がさらに上がってくるサインです。そうしたらしっかり暖を取ってあげてください。また発熱による熱性けいれんを引き起こすこともあるので、赤ちゃんのそばにずっと付いていてあげてくださいね。


正しい検温の方法

タイミングとしては、「朝起きたとき・午前中・午後・夜」の4回を、1日における目安にしましょう。

また、食後間を置かずにすぐ検温したり、あるいは眠たがっているときに検温すると体温が上昇しているため、高く表示される可能性があります。ですので、食事の前や元気に活動しているときに検温するようにしましょう。


検温の際に気をつけること

* 数日間の測定をしましょう。大人でも1日の間で体温が変化します。ですので1日だけで体温測定を完了せずに、数日間の継続が理想的です。
* すぐに検温完了するタイプの体温計を選びましょう。子供が幼いと特に、検温中に暴れて正確な測定がしにくいためです。
* 短時間で検温完了するタイプや、耳に当てるタイプの体温計は、何度も測り直したり数日間継続して測定することをおすすめします。なぜなら赤ちゃんの耳は、入口から鼓膜までの距離が短いので外気の影響を受けることがあるためです。

 

脇の下で測る
赤ちゃんは活発なので、大人には一般的な、わきの下で測るタイプの体温計は利用が難しいです。特に、赤ちゃんに熱がある場合は比例して機嫌も悪くなるので尚更、検温が難しくなります。
しかし正しい測定方法を知っておけば、サッと検温を済ませることができますよ。

 

背中に挟んで測る
一番手間のかからない方法は、赤ちゃんを布団に寝かせ、背中に体温計を挟むことです。
赤ちゃんにとっても違和感のない自然な姿勢なので、暴れずに測定を完了することができますが、もし赤ちゃんが寝返りをマスターしていたらやはり測定は難しいので、何かおもちゃなど気を引くものを活用しながらだと、赤ちゃんの気もそちらに行くのでその間に検温を済ませることができます。

もし、まだ赤ちゃんが寝返りなどをマスターしていないのなら、ぐっすり眠っている赤ちゃんの襟元から背中に向けて体温計を差し入れて下さい。
赤ちゃんと背中側の服との間に体温計を挟んでいれば簡単に計測できます。寝ているのですから暴れることもなく、こちらとしても一番ラクな方法かもしれませんね。

 

首、顎で測る
ほっぺたがプクッとしているのが赤ちゃんの特徴なので、その特徴を生かして顎の下に体温計を挟んで測定するのも良い方法になります。
それなら赤ちゃんの姿勢に関わらず、ジッとしていてさえくれれば測定がスムーズに完了できます。
しかし細長い形状の体温計になるので、赤ちゃんが持つと目をつついてしまったり、喉の奥まで差し込んでしまう危険があります。つまり背中に挟んで測定するときよりも危なくなるので、測定するときは注意しながら行ってくださいね。

 

また短時間で測定ができる体温計もどんどん開発されているので、それを活用しても良いかもしれません。
短時間だと「15秒で測定完了」とか「20秒で測定完了」のものなどが発売されていますが、どれも「予測の数値」としての検温結果を表示します。つまり「およそ」の測定結果になるので、何度か測り直して正確な体温をチェックしてください。

 

www.omoi-katatini.com

 

これらの知識をしっかり理解しておけば、突然の発熱のときにも慌てることがなく冷静に対処することができますよ。
体温の調節が自力では難しい赤ちゃんの頃は、衣服や外気によって体温が上下しますが、1歳を過ぎるころにはだんだん安定してくるのでご安心くださいね。