想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

パパとママの快適な過ごし方

 

f:id:seiz0913:20171124155819j:plain

子供がいる家庭では、夫婦そろっての休日といっても、それぞれで感じ方が違ってきます。


パパは会社が休みで休日気分でも、ママにとっては家事に育児と休日どころではないというのが一般的ではないでしょうか?


そこで、家族全員が快適に過ごすためにできることはなにかを考えていきたいと思います。

 パパの考え・ママの考え

一般的に男性は親しい間柄になると遠慮のない言動をし、それが信頼関係の証だと思っています。
それに他人からの声掛けをうまく受け入れることができないので、妻に対しても気を使う必要性を感じないのです。
つまり声掛けの必要はないと思うのです。


一方女性は何らかの変化に気づけば気を使い、声掛けをします。
それは自分が声を掛けられることで安心感を得ているからです。

つまり、男女間で言葉の受け取り方、コミュニケーションのとり方が大きく異なります。
このような違いをごく当たり前なこととして片付けてしまうと、夫婦仲はうまくいかなくなってしまいます。
それでは、どうすれば夫婦仲が深まるのでしょうか。


それは意識的に会話を増やすことです。
お互いを尊重しあう、ポジティブな言葉、例えば「ありがとう」とか「お疲れさま」といった言葉と共にお互いきちんと視線を交わすことが重要になってきます。

 

ママは当たり前にしている家事や育児をパパに褒められるのはうれしいものです。
パパは結果を一番大事と思い、子育て中の過程をほめることをなかなかしませんが、
ママは、子供の成長と育児を認められるととてもうれしいのです。
お互いに素直に伝えようという意識が大切です。

 

夫婦円満、会話の働き

一人で育児をしていると思い込むママの孤独感や家事のストレスを解消するのは、一番身近な家族であるパパとのコミュニケーションです。


特に共働き夫婦でうまくいっているのは、家事を二人でシェアしている人達よりも会話をしている人達だとか。
家事や育児がママに与える負荷は、実際の労働作業である負担と一人で我慢をため込んでしまう不満ですよね。
その両方共を解決してくれるのが会話です。

 

会話には3つの働きがある


1つは情報を伝える働き
2つ目は相談機能
3つ目は感情のやりとりをサポートする働き


これがあれば、困難に遭遇しても2人で考え、助け合うことができますよね。
そして後々「何とかなる」という心の安定感につながります。

 

それでも、会話の時間が十分取れない、仕事が忙しい人には、スマホでできるコミュニケーションツールを使ってみてはいかがでしょうか。
子供の写真や動画をアップするアプリケーションです。
写真やコメントをパパと共有することで、一人で子育てしているママの不安を和らげることができます。


パパは写真やコメントを見ることで子供の成長を身近に感じることができます。
アプリを通じて日中のコミュニケーションが増えるというわけです。

  

www.omoi-katatini.com


夫婦仲が良いと、子供の情緒も安定するといいますよね。
コミュニケーションを円滑にすすめて、家事、育児を2人で楽しめるようにしましょう。
そうすれば休日の予定もうまく話し合うことができますし、心地よい休日が夫婦で過ごせるようになるでしょう。