想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

ママの体と心の変化を理解しよう!パパができるサポートとは?

 

f:id:seiz0913:20180313154449j:plain

 

妊娠すると、様々な変化が起こります。

つわりで、妊娠?と気づく人も多いのではないでしょうか。

まず、今まで来ていた月経が来なくなり、体調が悪いと感じ、妊娠したのではないかと気づくことも。

その頃からママの体はどんどん変化していきます。そんな中、ママは自分自身の体の変化に戸惑います。

パパも驚くことがたくさん出てくるでしょう。

複雑な気持ちになることもあるかもしれません。

そんな時、パパがしっかりとママの気持ちを受けとめてサポートを。

これが1番大切になってきます。変化に対してサポートできること、コミュニケーション方法についてお話できればと思います。

 

 

妊婦さんはみんな経験する体の変化

多くの妊娠さんが経験するつわり。辛さは人それぞれですが、辛いものです。これも、ホルモンの変化のため。赤ちゃんが大きく、元気に育つように体の環境を整えているのです。つわりがあるということは、赤ちゃんも元気に成長している証拠。そう思うと、頑張れませんか?

 

〉〉〉「つわり」パパに知って欲しいつわりの基礎知識とは - 想いを形にする

 

他にも、乳房を大きくしたり、骨盤を緩めたりと、ママの体になるために様々な変化が起こります。目に見えるものとそうでないものがあるため、ママは不安でいっぱいに。

 

つわり以外にも、貧血に注意。赤ちゃんに血液を送らなければいけなくなるため、ママの体の血液量は妊娠前の約1.5倍になります。しかし、単純に1.5倍になるのではなく、薄まって1.5倍になる。つまり、血が薄くなるということです。そうなることで懸念されるのが鉄分不足。貧血にも気をつけたいですね。

 

 

 

では、ママが気にしてしまう、パパも気づく目に見える変化とは。

・お腹が大きくなる

・乳房が大きくなったり、乳頭や乳輪が黒ずんでくる

・妊娠線ができる

・体毛が濃くなる

・体重の増加

 

お腹が大きくなる

妊娠初期〜中期にかけては、さほどお腹も大きくなりません。お腹が目立ってくるのは、安定期に入る5ヶ月頃からの人が多いのでは。

 

〉〉〉妊娠初期のママの体調変化とは?ママが安心するためにパパができること - 想いを形にする

 

お腹が大きくなるということは、お腹の中の子宮で赤ちゃんが元気に成長している証。その反面、胃や膀胱などを圧迫するため、たくさん食べられなくなったり、少しの量で吐き気がしたり、頻尿気味で夜中のトイレの回数が増えることも。

 

居場所がなくなってきた内臓たち。便秘になりやすくなるのも、このためと言えます。

 

パパ、サポート

お腹が大きくなると家事1つにしても、しんどくなってしまうことがあります。洗濯物を運んだり、ゴミ出しをしたりと出来ることから家事は積極的に‼︎

 

パパ、コミュニケーション

お腹が大きくなってくると、ママは赤ちゃんがお腹の中にいることに喜びを感じ、実感することもできます。それに比べて男の人は何も変化することがないので、まだまだ父親としての実感が湧きにくいと言えます。

 

そんな時、大きなお腹を触ったり、話しかけたりすることでママとそしてお腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションを大切に。

 

5ヶ月頃から胎動を感じるママも多いと思います。お腹が動く瞬間が見られると感動しますよ。

 

 

乳房が大きくなったり、乳頭や乳輪が黒ずんでくる

妊娠初期から徐々に大きくなったり、黒ずんだりしていく乳頭や乳輪。ママはショックを受けるかもしれませんね。でも、赤ちゃんにおっぱいをあげる大切な準備。気にすることはありません。

 

パパ、サポート

おっぱいに関してパパが気をつけたいことは、触る時。基本的におっぱいを刺激することはNG。

理由は、お腹が張る原因になり、お腹が張ると切迫早産のリスクが高まります。

 

パパ、コミュニケーション

妊娠したらセックスをしてはいけないということは、ありません。乳房を刺激しすぎないように注意しながら優しくコミュニケーションを。

また、保湿クリームを塗るなどのスキンシップは、お互いにとってベスト‼︎

大きくなったおっぱいに、肩こりを感じるママも。お風呂上がりに2人でマッサージをし合うのもいいコミュニケーションです。

 

 

妊娠線ができる

お腹が大きくなることで、お腹の皮が一気に伸ばされることが原因で、ミミズ腫れのような赤い線が出てくることがあります。また、お腹だけではなく、脂肪のつきやすいお尻や胸、太ももなんかも要注意。出産後も消えない場合があるので、予防が大切に。

 

パパサポート、コミュニケーション

妊娠線ができないように予防することができます。妊娠線予防クリームをママのために買ってあげ、毎日優しくお風呂上がりに塗ってあげましょう。

どんどん大きくなるお腹に、ママのお腹は皮膚が伸びてしまいます。また、乾燥しやすくなるので、保湿クリームなんかも便利。

出産後も綺麗なお腹に戻るためのサポートです。

 

 

体毛が濃くなる

妊娠すると、体毛が濃くなったと感じるママが半数くらいいるようです。これも、ホルモンバランスの変化が主な原因。一時的なことなので、心配しすぎなくて大丈夫です。

パパ、サポート

口がさけても、毛濃くなったなーなんて、からかうのはNG。肌も敏感になっているので、なかなか上手に処理することも難しいのです。ママも赤ちゃんもしっかり守ってくれるために生えているんだなと優しい目で穏やかな心で、見て見ぬふりをしてあげましょう。

 

パパ、コミュニケーション

お腹が大きく、思うように手が届かないことも。お風呂などでコミュニケーションとして、優しく処理してあげるといいかもしれませんね。その時には、肌が傷つかないようにたっぷりのクリームや泡をつけて。

 

 

体重の増加

妊娠し、お腹が大きくなってくると体重が増えてしまうことは、当たり前。つわりがひどく体重が減ってしまうという方が心配です。

また、血液量が増えることや便秘気味になることも体重増加の一因。ママの体は赤ちゃんを守るために脂肪がつきやすい体へ変化しているのです。

食べたら食べた分だけ、太ってしまう体に驚くかもしれませんね。お医者さんと相談しながら体重管理をしっかりとしましょう。

 

パパ、サポート

体重管理のためには、適度な運動が大切。パパは、ウォーキングに付き合ったり、ママのために栄養たっぷりのヘルシーご飯を作ったりと出来ることをサポートしてあげましょう。

 

パパ、コミュニケーション

無理のない程度にウォーキングをしながら1日の話やちょっとした愚痴を聞くことで、ストレス発散になったり、コミュニケーションにもなったりします。

産後には、体重戻しにひと役。「いつも、きれいだね」「体重戻ってきた?」と声をかけることで、ママは頑張れます。

 

 

www.omoi-katatini.com

 

 

妊娠と同時にどんどん変化する体。赤ちゃんへ栄養を送るためにママの体は必死。ボロボロの状態になってしまうことも。

そんな時、パパがサポートすることでママは赤ちゃんのために頑張れます。

変化はあって当たり前。だからこそ、2人でマタニティーライフを素敵なものにしましょう。