想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

立ち会い出産のためのパパの心得とは?役割と注意点について

 

f:id:seiz0913:20180328101940j:plain

我が子の誕生を夫婦で一緒に迎えたいと考えているママ、パパ。

出産の流れからパパの役割や注意点を含めて立ち会い出産の心得をまとめてみます。

 

みなさんは、立ち会い出産についてどんなイメージがありますか。

パパの役割とは何なのでしょう。

 

妊娠を希望している方や出産を控えている方にとって立ち合い出産を希望するかどうか迷っている方は多くいらっしゃいます。

 

 また近年では立ち合い出産が増加傾向にありますので、産院にて立ち合い出産をするか聞かれることもあります。

パパとしっかりと相談して決めたいところですよね。

 

 

出産はどのように進む?

一般的に立ち会い出産は帝王切開の場合は難しく、経膣分娩の場合に行われることが多いです。経膣分娩は赤ちゃんが産道を通り、膣から生まれます。

誕生までの進み方は個人差がありますが、次のように分けることができます。

出産が始まるまで

・おしるし

 おりものにピンクや茶褐色の血が混ざったものが出て、その後陣痛が始まります。陣痛が直後に始まる人もいれば、数日後に始まる人もいます。

おしるし自体がない人もいます。

 

・陣痛

 定期的に痛みの波が来るようになります。痛みはだんだん強くなり、その間隔も徐々に短くなっていきます。

病院へは初産の場合は10分間隔、経産婦の場合は15分間隔になったら連絡をしましょう。

 

・破水

 膣から水が出てきます。出る量は個人差が大きいです。

少量で気付かないケースもありますので注意しましょう。塩素のようなにおいを感じる人もいるようです。

 また、陣痛より先に破水することもあります。その場合はすぐに病院に連絡を取り指示をあおぎましょう。

 

出産が始まってから

・第一分娩期

 陣痛が規則的に来てから子宮口が10センチ(全開)するまでを指します。

平均で10~15時間くらいです。8センチくらいまで開くといきみたい感じになりますが、全開する前にいきむと赤ちゃんも苦しいので「いきみ逃し」をします。

 

・第二分娩期

 子宮口が10センチ(全開)になってから赤ちゃんが誕生するまでを指します。

平均2~3時間くらいです。この段階では渾身の力で何度もいきみます。

 

・第三分娩期

 赤ちゃんが誕生した後から胎盤が排出されるまでを指します。

平均30分ほどです。胎盤は自然に出てくる人もいれば、医師が処置をして取り出すこともあります。

 

長丁場になったときは何をする?

出産の流れをご覧になり、長丁場になる可能性があるとなんとなくおわかりいただけたかもしれません。では、そのときにパパはどのようなことをすればよいのでしょうか?

 

・水分補給

お産が進んでくると、短い間隔で陣痛がきます。

そのときには自力で水を飲むのも大変になります。

こまめに水分補給ができるよう、パパがサポートしましょう。

ペットボトルに直接付けられるストローを用意しておくと便利です。

 

・ママのマッサージ

いきみ逃しをしている段階では、腰や背中、お尻のあたりを押したりすると少し楽になることがあります。

お腹の中から赤ちゃんが押しているので、それに釣り合うくらいの力で押し返してあげるイメージです。

助産師さんがしてくれることもありますが、ママからお願いされたら、マッサージをしてあげましょう。

 

・呼吸法のリードや声かけ

いよいよ分娩室に移動すると、我が子との対面ももうすぐです。

この時にはママの陣痛もピークになります。

痛みでパニックになったり、呼吸が浅くなったりしてしまう方も多くいます。

その時には、立ち会っているパパが落ち着いて声をかけてリラックスできるようにしましょう。

呼吸法の手順にはこだわり過ぎず、深く呼吸するようにリードしてあげるとよいです。

 

 

立ち会い出産にこだわりすぎないことも必要

ここまで、立ち会い出産の心得をお話してきましたが、立ち会うことにこだわり過ぎないことも大切です。

 

出産はドラマのようにきれいな場面だけではありません。

 

出血もあり得ますし、いきむときに尿や便が出てしまうこともよくあることです。

 

パパ自身も血が苦手で気分が悪くなってしまうこともあるかもしれません。

 

いきむ姿をみてほしくないママもいますので、事前にきちんと話し合いをして、立ち会い出産をするかどうかパパとママの間で結論を出しておかなければなりません。

 

また、出産では何が起きるかわからないので、絶対に無理は禁物なのです。

 

我が子の誕生の瞬間に一緒にいたいという想いは素敵なことです。

 

ですが、子どもを育てるスタートラインに過ぎないのです。

 

出産は女性でなければできないことですが、子育ては男女関係なくできることです。

 

うまれる瞬間だけに目を向けるのではなく、そのあとに続く我が子の成長を見ることも、とても大切なことなのではないでしょうか。

 

www.omoi-katatini.com

 

 立ち会い出産について紹介してきましたがいかがでしたか?

赤ちゃん誕生までの時間は個人差があります。

 

初産でも1時間半の人もいれば、30時間以上かかったという人もいます。

パパはママの一番のサポート役として、活躍してください。

 

おすすめ記事〉〉〉産後の体調について。しっかり回復させるために必要なこと。 - 想いを形にする