想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

【生後3ヵ月】新米パパ必見‼生後3カ月の赤ちゃん。これだけは知っておきたい。


目が合うようになり、笑顔のキャッチボールができるように。
生後3ヶ月の赤ちゃんは、すでに生まれたときのほぼ2倍の体重にまで成長し、首がすわりはじめ、縦抱っこでも安定するようになります。また、この頃になると感情豊かな表情を見せてくれます。
そして、赤ちゃんの睡眠時間が長くなり、睡眠不足だったママも、少しまとめて眠れるようになってきたのではないでしょうか?
今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんの身長や体重、睡眠時間などの育児のポイントについて紹介します。

 

 

生後3ヶ月はどれくらい成長している?成長目安は?

● 男の子 身長:57.5~66.1cm  体重:5.12~8.07kg
● 女の子 身長:56.0~64.5cm  体重:4.84~7.53kg


少しずつ首がしっかりし、首がだんだんすわってきます

この頃の赤ちゃんは、うつぶせにすると顔を横に向けたり、頭を持ち上げることができるようになります。首のグラグラカ減ってくるので、たて抱きがしやすくなります。
たて抱きしやすくなりますが、しっかり首がすわるまでは、首がカクンとすることもあるので、たて抱きの際に首の後ろに手を添えておしりをしっかり支え、短時間にとどめましょう。


適量がわかるようになり一時的に飲む量が減る子も

おっぱいやミルクを飲むことが上手になり、また、満腹の感覚がわかるようになります。

おなかがいっぱいになると飲むのをやめるようになるため、一時的に飲む量が減ることがあります。

ママと目が合うと、そちらに興味が向き、吸うのをやめてしまうことも。


自分の手に興味をもち見つめたり動かしたりします

このころの赤ちゃんは、こぶしを握ったり、指を開いたり、体の前で両手を組み合わせたりしながら、その様子をジッと見つめます。

これを「ハンド・リガード」といいます。

自分の手に気づき、動かしてみることで、手指が上手に動かせるようになっていきます。

 


目が合うようになりあやすと声を出して笑うこともあります

ママやパパと視線が合うようになり、顔を見ては声を出して笑ったりします。
また、動くおもちゃなどを目で追うようになります。
周囲で起こることに興味を持つ時期でもあり、声や音がする方をみようとします。
そして、耳から聞こえたことを赤ちゃん自身の目で確認することもあります。
あやすと笑うようになり、「アー」「ウー」「クー」などといった喃語といわれる声を出すようになります。

好奇心が旺盛なじきでもありますので、機嫌よいときにはたくさん話しかけてあげましょう。

 

 

www.omoi-katatini.com

 


いかがでしたか?

ちょうど大きく成長を遂げるこの頃の赤ちゃん。

月齢ごとの特徴の目安を理解しておき、赤ちゃんにもママにも負担にならない子育てができると良いですね。