想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

赤ちゃん用歯ブラシはいつから?人気・おすすめは?

 
赤ちゃんの歯が生え始めると「歯磨きはいつから?」「赤ちゃんの歯磨きはどうやる?」と気になるとところです。
また、歯磨きでは歯ブラシが必要なのか、いつから使うべきなのか疑問になっている方はいませんか?
歯磨きのやり方によっては、歯みがきを好きになるか嫌いになるかが決まってしまうこともあります。
赤ちゃんの歯を守るために、歯ブラシの必要性、いつからなのか、選ぶポイントをまとめてみました。

 

赤ちゃんに歯ブラシは必要なの?

赤ちゃんの歯が生え始める時期に個人差はありますが、生後5~8ヶ月頃から生え始める事が多く、2~3歳で全ての乳歯が生え揃います。

一般的には、最初に下の前歯2本が生えますが、下の前歯は唾液によって自浄されるので、歯が生えたからといってすぐに歯ブラシで磨く必要はありません。

赤ちゃんは口の中を触られるのを嫌がる子が多いので、最初は歯ブラシを使わずに、ガーゼや綿棒を使って歯を拭くことから始めると良いでしょう。

 
 
 

赤ちゃんの歯ブラシはいつから?

赤ちゃんの歯も大人と同じように、虫歯になる可能性があります。
本格的に歯ブラシを使うのは、歯が上下2本ずつ生えてくる頃(8~11ヶ月)からです。上の前歯は特に虫歯になりやすい歯です。
最初は口の中を触れることになれることから始めます。赤ちゃんの頭が膝の上にくるように、仰向けに寝かせます。そして、清潔にした指で赤ちゃんの口の中を触ってみます。嫌がるようであれば、口や顔に触れて遊ぶことから始めましょう。
指に慣れてきたら、綿棒やガーゼで歯を拭いてあげます。さらに慣れてきたら、赤ちゃん用の歯ブラシを使って、歯に優しくタッチしてあげます。
赤ちゃんに赤ちゃん用の歯ブラシを持ったせる事も習慣になるのでおすすめです。大人も一緒に歯磨きをして、お手本をみせてあげ、遊び感覚から始めると歯磨きを嫌がらなくなります。
歯ブラシに慣れたら、歯ブラシでの歯磨きの開始です。
 
 
 

赤ちゃんの歯ブラシ選びのポイントは?

赤ちゃん自身で磨く最初の歯ブラシは、リング型といわれる握る部分がリングになっていて、歯ブラシを喉まで入れてしまわないように、安全ガードが付いているものが良いでしょう。
歯ブラシのヘッドは小さめがおすすめです。生えている歯2本分くらいが目安です。赤ちゃんの歯は小さい為、ブラシが大きすぎると、歯にしっかり当たらず磨き残しの原因になります。
自分で磨けるようになっても、大人による仕上げ磨きが必要なので、仕上げ用の歯ブラシも用意が必要です。
 
リング型
 
 
 
仕上げ磨き
 
 
 

www.omoi-katatini.com

 

赤ちゃんの歯が生える時期は個人差があります。
その子にとって1本目の歯が生えてきたときが歯磨きの合図です。
歯ブラシで歯を磨くことに一生懸命になり過ぎて、歯みがきを嫌いにさせないように工夫してみてください。
赤ちゃんにはお口の中がきれいになる喜びを感じさせながら、歯みがきの楽しさを伝えることも大事です。
赤ちゃんの歯に関して不安になっているような場合は小児歯科の先生に相談してみましょう。