想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

「カンジダ膣炎」かも⁉︎デリケートゾーンがかゆい人必見!

デリケートゾーンにいつもと違うかゆみや不快感があると感じたことはありませんか?それはもしかしたら「カンジダ腟炎」が原因かもしれません。

デリケートゾーンの病気にかかっても、恥ずかしかったり、忙しかったりと病院に行こうとしないママも多くいます。でも、放っておくと重症化してしまうこともあるのです。今回は「カンジダ腟炎」についてまとめてみました。

 

 

カンジダ膣炎ってどんな病気?

カンジダ膣炎は、もともと膣のなかにいる「カンジダ菌」というカビの一種が増殖し、膣や外陰部に感染して起こる病気です。

その感染の結果、デリケートゾーンが炎症してかゆくなったり、おりものの量が増えたりと不快に感じるようになります。

カンジダ菌は「常在菌」と呼ばれ、女性がもともと持っている菌のひとつ。有害ではありませんが、いろんな原因が重なると体内で「カンジダ菌」が増え、体に異常を起こしてしまいます。

それが「カンジダ腟炎」という症状を引き起こして、痒みなどの不快感を与えるのです。カンジダ膣炎の場合は、再発を繰り返しやすいのが特徴と簽われています。

発症してからのケアはもちろんですが、膣周辺部の清潔。通気など、日頃から予防を心がけておくことも大切です。

 

どんな症状?

カンジダ膣炎の症状としてもっとも多いのは、外陰部のかゆみとおりものの異変です。膣やその周辺に強いかゆみを感じたり、刺激や熱さのようなものを感じたりすることが多くあります。

またおりものがカッテージチーズや粥状になったり、嫌な臭いを放ったりします。また、色は通常とは異なった白や黄色になることも多いです。

かゆみをともなう外陰部は、刺激によって赤くなったり、発疹をともなったりすることも。

排尿時や性交時に痛みを感じる人も少なくありません。

 

カンジダ膣炎の原因は?

カンジダ膣炎の原因は、ストレスや疲れなどによる免疫の低下やホルモンバランスの乱れ、抗生物質の内服等があげられます。

もともと、女性の体にはカンジダ菌をはじめとする菌が「正常細菌」としています。

それらは、病原性の高い菌が膣に侵入してくるのを防いでくれていますが、膣の分泌物のバランスが崩れると、カンジダ菌が増殖し、カンジダ膣炎を発症するといわれています。

また、妊娠中は免疫機能に変化が起こることで発症しやすくなっています。

仮に発症しても特別に恐れる必要はありませんが、まれに産道で赤ちゃんに感染することもあります。

症状に気がついたら早めに診てもらうのがいいでしょう。

 

治療は?

カンジダ膣炎は日常のちょつとした心がけで発症や再発予防ができます。

下着には綿などの通気性のよいもの、ボトムスは締め付けの少ないものを身につけるようにしましょう。

また、デリケートゾーンを清潔に保ち、湿った状態が続かないよう、シャワーのあとはよく乾かし、ナプキン類はこれまで以上にこまめに取り替えるようにしてください。

 

www.omoi-katatini.com



カンジダ膣炎は誰でも発症する病気です。

また、きちんと治療をしなければ、繰り返してしまうという怖さもあります。

違和感を感じたら我慢せず専門医を受診してください。