想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

妊婦の体重管理について~重要なポイント~


妊娠された方が気になる自分自身の体重増加について、出産までの体重増加の目安や目安を逸脱した場合のデメリットなどを説明し、出産までの理想的な体重増加を実現するための体重管理についてのポイントをまとめました。

おすすめ記事〉〉〉きちんと知っておこう!妊娠中の性行為について - 想いを形にする

 

出産までの体重増加の目安と逸脱した場合のデメリット

出産をするうえで重要なものの一つは体重管理です。この体重管理を行うには、自身の妊娠直後または妊娠前の体重やBMIを知ること、増加していくタイミングを知ることです。
まず、自身の体重やBMIを知るということは、これから増加する体重に対してどの程度の増加が理想なのかを知ることになります。
最初に自分自身の身長と体重を測ってBMIと呼ばれる数字を計算します。
この数字によって痩せ気味なのか普通体型なのかふとりぎみなのかを知ることができます(ダイエットなどをされている方はよくご存知かもしれませんが)。
身長と体重が分かったら、体重を身長で二回割ります。

160㎝で体重が50kgの方でしたら、身長をメートルに直して、50÷1.6÷1.6という計算を行います。
やや計算しにくいのでスマホや電卓で計算すると良いかもしれません。

この数字が分かったら自分が今やせ型(18.5未満)なのか普通(18.5~25.0未満)なのか、肥満(25.0以上)なのか分かるはずです。
これが分かったら次は厚生労働省による「妊娠期の至適体重増加チャートについて」による妊娠中の理想的な体重増加を知っていただきます。
これはやせ型の方は9~12㎏の増加、普通体型の方は7~12㎏の増加です。

ちなみに肥満の方は、産科の医師の方に相談する必要があります。増加のタイミングは妊娠16週(5ヶ月目)以降です。

つまり、15週までは体重維持を図り、太り過ぎないようにする必要があります。

 

理想的な体重増加から過度に逸脱した場合のデメリット

この体重増加を過度に逸脱した場合のデメリットについて説明し、体重管理法についてもまとめます。
まず、過度に増加した場合は

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症ともよばれ、高血圧や蛋白尿がでて胎児に悪影響を与える)、

妊娠糖尿病(妊娠中の血糖が上がり、4,000gを超える巨大児になり難産になったり妊娠中毒症へ移行する)、

難産(脂肪で産道が狭くなる)、

腰痛(体重増加により腰椎や周辺の筋肉に過度の負担がかかる。)、

妊娠線ができるなどです。


反対に、過度に痩せている場合は、低体重児や流産、早産、子どもの生活習慣病のリスクが上がる、産後の母乳に悪影響など、過度の増加や痩せすぎは、どちらに転んでもデメリットが多い状態になります。

 

理想的な体重増加を実現するための体重管理法

予防して管理するためには、
体重計測(1日1回、条件と時間を合わせる。)、

食事(三食食べる。食べ物の種類を増やし、それぞれ少量ずつ食べる。塩分を控えて食物繊維をたっぷり。)、
運動(ヨガやウォーキング、妊婦向けのスイミング)、


これらを行い、更にノートなどに記録するという方法なのですが、記録が大変苦痛になる場合も多いので、最近はスマートフォンのアプリで多くの体重管理アプリが出ていますから、それを使うのがおすすめです。

 

www.omoi-katatini.com



妊娠が分かったら、まず行うこととして自分のBMIを計算することです。

そして、体重増加チャートをチェックし、体重管理を始めるのが理想ですが、つわりや体調不良等でおこなうのが大変な場合はアプリを使ったり、なるべく簡単な方法で管理するのがおすすめです