想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

ママと子どもの美肌講座。知っておきたい乾燥肌のケア

外気と接触している肌は乾燥した空気にさらされ、いろいろなウイルスに接触しています。

そこで、肌のバリア機能を弱めないようにしておくことは、肌トラブルの回避はもちろん風邪予防にもなるそうですよ。

冬場、とくに気をつけたいのは「乾燥肌」

乾触燥肌とはそもそもどんな状態の肌なのでしょう。乾燥肌の対策・ケアはどのようにすればいいのでしょう。

おすすめ記事〉〉〉子どもの乾燥肌!冬の乾燥肌の改善策とは? - 想いを形にする

 

乾燥肌ってどんな肌?

乾燥肌=ドライスキンは、触るとカサカサしたり、肌が白っぼく粉をふいていたりする状態の肌のことです。

秋・冬の空気が乾燥する時期に増える肌トラブルでしたが、最近では1年を通して乾燥肌に悩む人も増えています。

皮脂分泌量などが減り、肌の水分含有量が低下している状態で、皮膚にうるおいがなくなりカサカサともろくなっています。
かゆくなることがとても多く、かきこわして肌を傷つけてしまうのが乾燥肌の問題点です。

かいてしまうことで湿疹などの炎症につながってしまいます。

また、肌が乾燥して水分が奪われている状態は肌のバリア機能が低下し、弱くなっています。

さまざまな感染症にかかりやすくなっているので注意が必要です。

 

乾燥肌になる原因は?

乾燥肌の原因は一つではありません。

遺伝的要素(アトピーはこの要素が強い)だったり、間違ったスキンケアだったり、洗い過ぎも肌が乾燥トラブルを起こす要因です。

とくにお風呂での洗い方には注意をしてほしいと思います。

ゴシゴシとタオルで洗うことは、肌を傷つけ、さらに皮脂を余分に落としてしまいます。

子どもには手に泡をとって優しく撫でるくらいのイメージで洗いましょう。
※タオルで強くこすりすぎることは、こすりすぎの摩擦で黒ずみの原因にもなります。

 

乾燥肌の予防は?

肌の乾燥トラブルの予防は保湿と洗いすぎないことです。

保湿剤を塗るタイミングはお風呂上がりすぐがベスト。

なるべく水分が蒸発してしまう前に塗ってください。

子どもの着替えに忙しくてお風呂上がりすぐには自分のケアができないママも、時間が経ってしまった後でも塗らないよりは塗った方がいいです。

人の肌は赤ちゃんのときが一番うるおった状態で、年齢を重ねていくごとに乾燥していきます。

健やかな肌を保つために、ママもきちんと保湿をしましょうね。
「子どもが乾燥肌」と受診する頃には、すでに湿疹になっている状態が多く見られます。

肌に赤みがあり、子どもがかゆみを訴えている、すでにかいてしまっている、というのは炎症している状態です。

保湿剤だけでは十分ではありません。

きちんと炎症を抑える「薬」が必要ですよ。

保湿剤にもいろいろな種類があります。軽度の乾燥肌であれば市販のもので十分かもしれません。

 

唇と手の乾燥について

唇と手はとても乾燥しやすい部位です。

唇はこまめにリップクリームをぬること。

ひりひりしたり、腫れて見えたりなど炎症している場合はきちんと受診したほうが早く治ります。

手の乾燥トラブルは生活と密接しているためとても厄介です。

家事・炊事の際に手袋をしたり、こまめにハンドクリームぬることを心がけましょう。

本当は何もせずに手を休めてあげるのがベストではあるんですけどね。

 

www.omoi-katatini.com

 

いかがですか?

子どもの乾燥肌=ドライスキンについて、原因と対策をまとめてみました。

子どもが、うるうるもちもち肌で健やかな冬を過ごせるようにサポートして下さい。