想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

妊娠中(安定期)の旅行って?楽しむポイントと注意点とは?


「赤ちゃんが生まれたら、しばらく旅行なんて行けそうもないし、今のうちに思い出作りで旅行に行こうかな」と、安定期に入って旅行を計画する人もいるようです。
安定期の旅行のポイントや注意点とは何でしょうか?以下にまとめてみました。

 

 

妊娠中(安定期)の旅行を計画する前に!

妊娠の経過が順調であっても、妊娠前とは身体が変化していることを認識しましょう。
たしかに、安定期は流産等の可能性も下がり母体も比較的安定していて、お腹もそこまで大きくなく行動がしやすい時期です。
普段、健康な人でも旅先で環境が変わることで体調を崩すことがあります。
妊娠中であればなおさら、環境の変化に敏感になっていることもあります。
旅行で身体に負担がかかって、流産や早産、予期せぬトラブルが起こってしまっては大変です。
家族と旅行の必要性を話し合い、必ず事前に担当医に相談して許可を受けましょう。

 

妊娠中(安定期)の旅行を安心して楽しむポイントは?

担当医にも相談し、旅行にいざ出発!とはいえ、トラブルが起こらないとも限りません。
安心して旅行を楽しむために少なくとも以下の点は注意しましょう。

 

国内旅行にする

海外では医療制度が日本と異なり、高額な医療費を請求されるケースもあります。
また、うまく言いたいことが伝わらず対応が遅れると危険です。
飛行機に長く乗るのも妊娠中の身体には負担がかかりますので、海外旅行はオススメできません。

 

余裕をもったスケジュールを組む

妊娠中は疲れやすくなったりすることもあります。
あまりタイトなスケジュールを組まず、疲れを感じたり体調に異変があったりしたときにはすぐに休めるようにします。

 

旅行先でトラブルが起こったときの対応を話し合っておく

旅行中に万が一、トラブルが起きたときのために近隣の医療機関を調べておくなど緊急事態が起きてもあわてないように、しっかりと準備しておきましょう。

 

妊娠中(安定期)の旅行の注意点とは?

では、楽しむポイントをクリアしたうえでさらに注意しておくべきことは、どのようなことなのでしょうか?


母子手帳と健康保険証を携帯する

体調に異変があり、旅先で病院を受診する際にスムーズです。
マタニティマークもバッグにつけるか持ち歩くようにしましょう。


重い荷物を持たない

旅行ではお土産を買う、宿泊先に向かうときなど荷物が重くなってしまいがちです。
宅配便を利用する、同伴の方にお願いするなど無理をしないようにしましょう。


身体を冷やさない

観光地ではプール遊びや海水浴などができる場所もあると思いますが、身体が冷えるとお腹が張りやすくなります。
また、宿によっては妊娠中に温泉に入ることを断っている場合もあるので事前に確認するとよいかもしれませんね。


移動は身体の負担にならないものを選ぶ

同じ姿勢が長時間続くと身体に負担がかかります。
車やレンタカーを同伴の方に運転してもらうか、電車を利用するのがオススメです。
飛行機の場合は通路側の席にしてこまめに水分をとるなどエコノミークラス症候群を予防しましょう。

 

 

www.omoi-katatini.com



 ここ数年で、マタニティプランのあるホテルも増え、妊娠中の旅行も以前より気軽な存在になっているかもしれません。
ですが、妊娠中の旅行は必ず行かなければいけないものではありませんし、安定期は何をしても大丈夫ということではありません。
旅先で早産になり、受け入れ体制が整わない中で出産になってしまうなど様々なリスクがあるのは確実です。
その点を理解して無理のない思い出作りができるようにしたいですね。