想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

【出産】お産が始まる前の予兆とお産の始まり

お産が始まる前には、「そろそろ近いかも?」と感じられるような「お産が始まる前の予兆」があることが。必ずしも全員に訪れるとは限りませんが、あわてたり、心配しすぎないために、心の準備をしておきましょう。

 

そもそもお産とは?出産との違いは?

お産と出産は言い方が違うだけで、意味は同じです。
赤ちゃんを妊婦の子宮内(胎内)から外に出すこと、そのことを出産と言います。
出産は赤ちゃんを産むことを総称して表す言葉であり、一般的な用語としてみなさんに広く使われています。
また、産婦人科医は出産のことを分娩と言います。

 

お産が近い!予兆ってあるの?代表的な予兆は「おしるし」と「前駆陣痛」

すべての人に起こるものではありませんが、「おしるし」と「前駆陣痛」はお産が近い予兆といえるでしょう。どちらも、すぐにお産が始まるわけではないのであせらずに、入院準備の最終チェックをし、入浴して体を温めたり体を動かしたりしてお産に備えましょう。

おしるしって?

子宮収縮による出血がおりものに混じったもの。

生理初日か終わりかけくらいの出血量であることが多く、ねっとりしていることも。

赤茶色であることが多いが、出血個所やおりものとの混ざり方によるため、色は人それぞれ。

 

前駆陣痛って?

不規則な子宮収縮によるおなかの張りや痛みのこと。

陣痛の練習のようなもので、痛みは強くなっていかず、徐々に痛みがなくなります。

本格的な陣痛ではなく前駆陣痛であることは、痛みの間隔が規則的でなくなったり、痛みが遠のいたりして初めて判断できます。

 
おしるしってみんなあるの?おしるしから何日で出産になるの?

何日という目安はなく、おしるしがなく出産を迎えることもあります。
子宮口の開きによって出血が外に出てこず、おしるしを見ないままお産が始まることもあります。

また、おしるしから何日で出産になるという目安も正確でなく、おしるし後12時間未満で出産になった人もいれば、2週間後に出産になった人も。

お産は必ず始まりますから、あせらず待ちましょう。

 


こんなことがあったら「すぐに産院に連絡を!」というサインは?

強い張りや腹痛、出血に注意しましょう
急に強くおなかが張ったときや、右のような出血が起こった場合は、お産の始まりではなく、緊急な処置が必要な危険サインである恐れがあります。

右のようなサインが1つでも見られたり、「なんだかいつもと違う」と感じたときは、迷わず産院に.連絡して、指示を仰ぎましょう。


・急な強い張り.腹擶
・生理2~3日目以上の出血鑑
・レバーのようなかたまり状のものが出る
・サラッとした鮮血が出続ける
・胎動が減少する
・出血を伴う、腹痛や治まらない張り

 


お産の始まりについて

おなかの張りや痛みが規則的に起こる「陣痛」や、赤ちゃんを包む卵膜が破おなれて羊水が流れ出てくる「破水(前期破水)亅が起こると、いよいよお産の始まりです。赤ちゃんに会えるまで、もうすぐですよ!

 

お産は必ず陣痛から始まる?「陣痛が始まった!」って明確にわかる?

陣痛から始まるとは限りません。また、陣痛も初めはわかりにくいことが多い。
お産は陣痛ではなく、破水から始まる場合もあります。

通常、破水は陣痛が来て子宮ロが全開大になって起こることが多いですが、陣痛前に起こることを「前期破水」といいこれもお産の始まりです。

また・陣痛は生理痛程度の痛みで始まることも多く、始まりはわかりづらいでしょう。

 

陣痛より先に破水した場合、どうすればいい?

破水かどうか迷った場合も含めて、とにかく産院へ連絡
破水でお産が始まった場合、細菌感染のリスクがあるため、入院になります。

ただ、破水は尿もれやおりものと区別がつきにくいものです。

「破水かな亅と迷った場合も含めてとにかく産院に連絡を。

破水のため、ぬれたショーツやタオルがあると検査しやすいのであれば持っていって。


お産ってどんなふうに進んでいくの?

陣痛を逃しながら、子宮口が全開大になるのを待ちます
お産が始まってもすぐに分娩にはなりません。

赤ちゃんが出てくる子宮口が全開大の約10㎝になるのを、陣痛を逃しながら待ちます。

一般的な進み方を予習しておきましょう。
陣痛が10分間隔になったら入院(産院の方針や産院から家までの距離、また人によっても入院になる陣痛間隔は異なります)
初産の場合、陣痛が10分間隔になったら産院に連絡をし、産院から「来てください」と言われたら入院することになるでしょう。

なお、陣痛が来る前に破水した場合も入院になります。


陣痛が強くなり、間隔が短くなる

陣痛が強まって間隔が短くなり、子宮口が全開大(約10㎝)にならないと、赤ちゃんは出てこられません。

陣痛が弱いうちは陣痛を強くするために歩くなどして体を動かすといいでしょう。


痛みを逃しつつ子宮口全開大を待つ

赤ちゃんが下がってくると、便意に似た"いきみ感"が出てきます。

しかし、子宮ロが全開大になるまでは、まだいきむのは我慢!呼吸に集中して、痛みを逃しながら、待ちましょう。


分娩室へ移動しいきみを開始

子宮が全開大になったら分娩室の分娩台へ。

そして、陣痛の波に合わせて下腹部に力を込め、いきみます。

このとき、赤ちゃんも頑張っています。

赤ちゃんの出てくる力を後押しして!

 

www.omoi-katatini.com

 

お産が始まる前の予兆とお産の始まりについてまとめてみました。
不安な気持ち、焦ってしまう気持ちはみんな同じです。

心身ともに元気な状態で陣痛を待って下さい。もちろん、体調面で気になることがあればすぐにかかりつけの先生に相談してくださいね。