想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

【トイレトレーニング】外出のときどうする⁉︎5つのポイントとは?


トイレトレーニングを実践して、家ではほぼ失敗なしに。

でも、外出先でうまくできるかはやっぱり心配。

外出時のトイレトレーニングの5つのポイントをまとめました。

 

外出は無理せず紙おむつでも良い

家のトイレとよそのトイレの違いは、子どもにとって大きなものです。
それに外出中は子どももちょっと興奮ぎみで、おしっこの感覺に気づくのもおそくなりがち。
トイレトレーニング中だけでなく、完了してもしばらくの間、外出時には無理をせず、紙おむつを利用しましょう。
もちろん、おむつの中におしっこをさせておけばいいわけではなく、いろいろなトイレに慣れることができるよう、タイミングを見てトイレに誘うことを忘れずに。

 

出かける前のトイレを習慣に

移動中にトイレに行きたくなって困るのは、大人も子どもも同じ。
出かける前にはトイレに誘っておくようにしましょう。
また、トレーニング時期の子どもを持つママは、どこにトイレがあるのか敏感になっておくこともたいせつ。
子どもの入りやすいトイレがどこにあるか知っていれば、あわててトイレをさがすことも少なくなるでしょう。
子ども用のトイレがあるところで誘っておくとか、レストランのトイレですましておくとか、先手を打つこともできますね。

 

失敗した時の準備は万全に

バンツでのお出かけは、まず近所のお散歩、次にお友だちの家などというように、徐々に時間を長くしていくのもひとつの手です。
ただ、どんなに気をつけていても、やはり失敗はつきもの。
外出するときは、着替え、タオル、汚れ物を入れるビニール袋など、失敗したときの準備をしっかり持っていきましょう。
着替えはパンツやズボン、スカートだけでなく、靴下やシャツもあると安心。
失敗を心配して外出をひかえたりしないで、どんどん出かけましょう。

 

汚いトイレは避けて、綺麗なトイレをうまく利用

家のトイレではうまくおしっこできても、外のトイレではダメという子は多いもの。
同じトイレでも、子どもにとっては大違いなのです。
特に外出先のトイレがきたなかったり、くさかったり、暗かったりした場合、おしっこをしたがらないばかりか、トイレぎらいになってしまつ子もいるほど。
きたないトイレに連れていくのは、できるだけ避けたほうがいいようです。
逆に、かわいらしい子ども用のトイレなどには喜んで行くようですから、子どもがいやがらないきれいなトイレをうまく使って、外のトイレに慣らしていきましょう。

 

旅行するときはおねしょ対策を

旅行のときは、移動中の心配だけでなくおねしょの心配もあります。
紙おむつをはかせたほうが安心です。
でも家ではもうパンツで寝ている子は、いくら説得してもいやがることもあるでしょう。
おねしょ用の防水シーツを持っていったり、眠ったあとにそっと紙おむつにかえる、バスタオルを腰に巻きつけるなどのくふうをしましょう。
また、子うれの移動に便利な自動車ですが、トイレには急に対応できないのが難点。
こまめに休憩をとってトイレに誘いましょう。
携帯用のおまるやおしっこパックもあります。

 

 

www.omoi-katatini.com

 

外出時のトイレトレーニングのポイントを挙げてみました。
トイレトレーニング中のおでかけは不安要素だらけで敬遠しがちになります。
失敗を気にして外出をしない選択をするより、失敗を恐れずに外出をして気分転換を図って下さい