想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

子どもの花粉症とは?症状と治療、予防法について

そろそろ「スギ花粉」の飛散が気になるママも多いのではないでしょうか。
実は、子どもの花粉症は年々増加傾向にあります。
しかし、子どもは大人と違い、自分で症状をうまく伝えることができないため判断が難しく、まわりが注意を払うことが重要になります。
子どもの花粉症はどのようにケアしてあげたらいいのでしょうか。
子どもの花粉症の症状、治療、そして発症前の予防法についてまとめました。

 

大人と子どもの症状の違い

「くしゃみ」より「鼻づまり」

花粉症の大人の場合、花粉の季節になるとくしゃみが止まらないというケースをよく耳にしますが、子どもの場合はくしゃみがあまり出ず、
鼻づまりが多い傾向にあります。
鼻づまりは自分で訴えることができませんので、子どもが頻繁に鼻をすすっていないか、口で呼吸をしていないか、など周りが注意深く観察することが必要になります。

子どもは少し粘っこい鼻水

花粉症による鼻水は、大人はサラサラの場合が多いですが、子どもは緑色の粘っこい鼻水が多いのも特徴です(これによって風邪と見間違えることが多い)。
鼻水・鼻づまり、風邪薬を飲んでいるのになかなか治らないなど症状が続くようでしたら、花粉症も疑いましょう。

目の症状

子どもの場合、目の症状も高い確率で発症します。
目の周りが赤い、頻繁に目をこするなどが代表的な症状です。

皮膚のトラブル

花粉特有の目・鼻・喉の症状に加え、敏感な子どもの肌は花粉の付着によって炎症反応を起こしやすく、皮膚が赤くなる、かゆくなるなどのトラブルが起こります。
※花粉症は粘膜のトラブル(炎症)でもあるため、女の子の中には外陰部が痒くなる子もいるようです。

 

花粉症の診断・治療

「花粉症かな?」と思ったら、かかりつけ医を受診し、診断を仰ぐことが重要です。
小児科で行う花粉症の診断は、目や鼻などの症状がら総合的に診断します(他のアレルギー検査と同じく血液検査でも調べることができます)。
また、耳鼻科医院などでは鼻汁を採っての検査もあります。
花粉症と判明したら、目薬や点鼻薬の使用、抗ヒスタミン剤を飲むことなどでアレルギー症状を抑える治療をする医療機関が多いでしょう。

 

花粉症の薬について

スギ花粉によるアレルギー症状を抑える薬として、抗ヒスタミン剤が使用されます。
この薬は、眠気やインペアード・パフォーマンス(注意力・認知力)の低下を誘発することがあり、服用後の子どもの様子におかしな点がないか気に掛けてあげることも大切です。
※注意力が落ちたために成績が落ちてしまうケースもあります。
近年開発された新薬にはこういった副作用の少ないものあるので、かかりつけ医とよく相談して体質に合った薬を選ぶようにしましょう。

 

お母さんたちへのアドバイス(予防)

スギ花粉症は1シーズン目から発症することはなく、1シーズン目に花粉を浴びて、2シーズン目以降に発症します(0歳児に花粉症の心配はありません)。
発症予防は、体質の遺伝もありますが花粉を浴びないよう心掛けることがポイントです。
また、発症後のセルフケアとしてもマスクをすることや外出後に衣服についた花粉をしっかり払うこと、洗濯物は室内干しにするなどの注意が大切になります。
小さな子どもに症状がある場合は口をふさいで鼻から息を「ふん」とやるなどして自分で鼻をかめるように練習してあげると少しでもスッキリ
過ごすことができるでしょう(練習はお風呂などの湿り気のある場所で行うと鼻が出やすく効果的です。
 

www.omoi-katatini.com

 

子どもの花粉症の症状、治療、そして発症前の予防法についてまとめました。

全国的にはスギ林の手入れが行き届いていない地域もあり飛散量は様々です。

飛散量の情報も取り入れながら、早い時期から花粉を浴びないようにケアしましょう。