想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

働くママのトイレトレーニング!強い見方は保育園

昼間子どもと一緒にいることができない働くママ。
そんなママの強い味方は保育園。
でもトイレトレーニングは任せきりで良いの?

 おすすめ記事>>>【子どものおねしょ】夜のおしっこの量を左右する抗利尿ホルモンについて - 想いを形にする

保育園のトイレトレーニングは意外とスムーズ

ママが働いている場合トイレトレーニングは昼間子どもを預けている保育園などに、ほほおまかせすることになります。
家庭でのママと予ども1対1のトレーニングでもたいへんなのに、ひとりの保育が複数のチどもの世話をする保育園でうまくいくのかしら、と不安になるママもいるでしょう。
でも、保育士はプロですから、安心してだいじょうぶ。
保育園では、子どもの生活が規則正しいので、おまるやトイレに誘うのもリズムがつかみやすいのです。
それに、友だちがたくさんいるのがとてもいいところ。
子どもはまねっこが大好きですから、先輩のお兄ちゃんやお姉ちゃんがする様子を見て、それを重ねしながら、意外にスムーズにトレーニンダをこなしていくのです。
家が洋式トイレで保育園が和式トイレでも、男の子用の便器を使ったことがなくても、まねっこで使い方を覚えていくので心配なしです。
もちろん、スムーズにいく子ばかりではありません。
なかには担当の保育士以外が誘ったら、絶対におまるやトイレに行かないといった子もいるようです。
やはりトレーニングには信顧関係がたいせつなのですね。

 

まかせっきりにせず、連絡を取り合う

トレーニングは保育園にまかせてだいじょうぶとはいっても、「保育園でやってくれているから、いいや」とまったく無関心になってはダメ。
せっかく保育園でトレーニングしていても、家でずっと紙おむつをさせたままトイレにも誘わないのでは、トレーニング進行のじゃまをしているようなもの。
保育士からアドバイスを受けながら、家でも園でのトレーニングの進行を助けるようにしていきましょう。
子どもたち一人一人の生活リズムを把握するために、食事内容や排潅などについての家庭からの情報はとてもたいせつです。
また、家庭でも連絡帳をフルに利用して、園での子どもの排泄の様子、トレーニングの進みぐあいを確認しましょう。
気になることは質問すれば、返事が返ってくるでしょう。
家庭と保育園とを結ぶパイプとして、連絡帳は重要な役割をもっています。うまく活用していきましょう。

 

家ではゆったりさせることを優先させる

保育園ではちゃんとトイレでできるのに、家でママが誘うとちっともできない子も多く、ママを落ちこませる原因になります。
ここでトイレトレーニングを厳しくしようと思わないで。

保育園のトレーニングの進行をじゃましてはいけませんが、必要以上に神経質になることはありません。
トイレトレーニングを優先しようとすれば、子どもへの接し方もつい厳しくなってしまいがちです。
保育園である程度規制を受けた生活をしてくる子どもにとって、家に戻ってママといっしょにいる時間はとても貴重なリラックスタイム。
その少ない自由な時間をトレーニングのために緊張させてしまうはかわいそうです。
家でうまくできないのは、ママに甘えたい心のあらわれ。
家族で楽しく過ごすのがいちばんと考えて、無理をせずゆったりとさせてあげましょう。
 

www.omoi-katatini.com

働くママのトイレトレーニングについてまとめました。

保育園をうまく利用し、家ではゆっくりと過ごしてトイレトレーニングを進めてみて下さい。