想いを形にする

~4人家族の暮らし方~

スポンサーリンク

母子手帳交付!いつもらえる?もらう時期やもらい方について!なくしてしまったらどうする?

 
 
妊娠したらまず手にするものとして母子手帳があります。
母子手帳はママと赤ちゃんの健康管理に欠かせません。
初めて妊娠したママは、母子手帳はいつどこでもらうのか、どんな時に使うのか、また、紛失した際や引っ越しの際はどのように対処すればいいのでしょうか分からないことも多々あると思います。
そこで今回は、母子手帳をもらう時期やもらい方、書き方などをご紹介していきます。
 

母子手帳はいつからもらえるの?

 
母子手帳は正式名称を母子健康手帳といいます。
妊娠の経過や赤ちゃんの発育・予防接種等が記録されます。住民票のある自治体の窓口に「妊娠届」を提出して交付されます。
医療機関で胎児の心拍を確認し、医師の指示に基づいて届け出を行うケースがほとんどですが、妊娠判明してすぐ取得できる自治体もあるようです。
届出書は自治体の窓口やホームページもしくは産婦人科でもらうことができます。
地域により異なりますので確認をしてみてくださいね。
妊娠届には以下の内容を記入することが多いです。
身分証の提示を求められることがありますので、事前に準備しておきましょう。
 
・妊婦の氏名とマイナンバー、子の父の氏名
・出産予定日、妊娠週数
・住所、電話番号
・受診した医療機関名
・妊娠、出産の回数
 
母子手帳が交付されると、同時に別冊として助成券と出生連絡票も交付されます。
助成券は、全額自己負担である妊娠の健診費用を一部補助する制度を利用するためのチケットです。
出生連絡票は出生届とは別もので赤ちゃんが生まれたことを保健センター等に報告するものです。
乳児の個別訪問事業の対象家庭の把握に必要となります。
低体重児(2500グラム未満)の届出書を兼ねている場合もあり、低体重児の場合は提出義務が発生しますので注意しましょう。
 

母子手帳をなくしてしまったら?

 
自治体の窓口もしくは保健センター等で「再交付届出書」を提出すれば再発行してもらうことができます。
お住まいの地域によってどこで受け付けているか異なるので確認してくださいね。
ただし、別冊の助成券は再発行されません。
なくしてしまったらその後の健診費用は全額自己負担になります。
 
妊娠経過等は受診した医療機関にお願いすれば再記入してもらうことが可能です。
ただ、再記入は義務ではないので断られる場合もあります。
比較的空いている時間帯に行き、相談してみるとよいかもしれませんね。
また、予防接種の記録についても任意接種のものを除き保健センター等で記録が照会できます。
ただ個人情報なので、照会の手続きなどは問い合わせて確認しましょう。
 
 

引っ越しや里帰り出産のときはどうするの?

妊娠中に引っ越しをする場合、母子手帳は引っ越し前のものをそのまま引き続き使います。
住所や連絡先の欄は自分で書き換えておくことが必要です。
 
ただし、助成券や予防接種の受診票は自治体ごとに異なりますので、引っ越し先のものに変更する手続きが必要です。
引っ越しが決まったら、引っ越し先の自治体に問い合わせをして準備する書類をまずは確認しましょう。
新しい助成券等がないまま、引っ越し先で健診を受けることになると、全額自己負担になってしまいます。
領収証があれば受診費用は後日返ってきますが、妊娠中や乳幼児を連れて何度も手続きに行くのは大変ですよね。
住民票の書き換えと同時に手続きができるようにするのがオススメです。
 
里帰りの場合、住民票はそのままですので、助成券の交換はできません。自治体によって里帰り出産の方のための助成制度を設けていたり、一度自己負担で支払い後日申請して払い戻す償還払い方式をとっていたりします。
里帰り出産を検討するときに、自治体に問いあわせておくようにしましょう。
 
 
妊娠がわかり母子手帳を受け取ると実感がわきますよね。母子手帳とともに様々な資料やマタニティーマークなどを渡されることが多いので、手続きの時には、A4の封筒が入るくらいのかばんを持っていくと安心です。
疑問点を解決して、新しい家族を笑顔で迎えてあげてくださいね!